kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

TDスピナーベイト

昨年末、とあるルアー製作者の方と電話をしている時、
『流行りじゃないけど、欲しいスピナーベイトは?』という話になった。
その時に、僕とその方との意見が完全に一致し二人して驚いた。
その後、なんとなく最近はエコルールで全く使わなくなってしまったスピナベ専用BOXを開いた。
僕だけじゃなくて、トーナメントに出てる人達の多くがそうだと思うが、
恐ろしい程の数のルアーを所有している。もちろんスピナベも。
僕はとにかく気になったら試してみるタイプの人間で、
良かったら自然と増えるし、その時は良く思わなくても『いつか使い所がくるかも』、
と思って売ることもなくどんどんと増えていく。
なんか話が脱線したな。
まぁルアーが死ぬほどあるって話はどうでも良くって、
肝心な話はスピナベBOXの中身。

多くの方が一つは持っているであろう『D』や『B』や『S』ももちろん沢山入ってたんですが、
その中で久々に発見したTDスピナーベイト。


しばらく使っていないのでスカートはほとんど外れてたけど・・・
実はこのスピナーベイトを使うようになったのはかなりの偶然。
中学二年生の時に、一番近くにあって良く通っていた釣具屋さんに、ある日50
0円で売っていた。
今思えば95年頃発売されたこのスピナーベイトが、
三年くらい経って、ちょうどモデルチェンジした時だったんだと思う。
当時はコンパクトスピナーベイトが流行っていて、
SRミニとかPDLハーフスピンとかが売れていた頃で、
フルサイズのTDスピナーベイトはイマイチだったのかもしれない。
ただ当時のお金のなかった中学生の僕にとっては、
『フィッシュヘッドのスピナーベイトが500円』っていうのはかなりの破格。
コンパクトサイズとか、モデルチェンジとかなんてどうでも良かった。
で確か、最初はチャートとオイカワの二つを購入した記憶がある。
その週末。野池で早速投げてみたらその日のうちに45cmくらいが二匹も釣れた。
中学二年生の僕にとっては一日で45cm×2匹ってのはかなりバブリーな日で、
スピナーベイトの威力に心底驚いた。
翌日、残っている500円のTDスピナーベイトを買いに行った。(確か10個
くらい買った)
当時は全財産で1万円とかしか持ってなかったから、
今、思えば随分と無茶苦茶な買い物だったと思う。
その頃は良く分かっていなかったけど、TDスピナーベイトはブレードサイズが普通よりデカイ。
特にシングルウィーロータイプは限界じゃないかってくらいデカイのが付いてる。
実は後々、このシングルウィーロータイプが断トツに釣れることに気付く。
高校時代はこのてのスピナベはスーパーデルタフォースばかり使っていたが、
大学生になって『古くても良いルアーは沢山ある』って再認識した頃、
また琵琶湖でTDスピナーベイトを使うようになった。
この頃、明らかにシングルウィーロータイプが格段に釣れることに気付く。
もちろん超有名なDやBも沢山投げたけど、
色々なシチュエーションでTDスピナーベイトも投げ比べてみて、
どうやらゆっくり巻きたい時に適したルアーだということが分かった。
逆に早く巻くならDやBのほうが良い。
で、そんな感じに僕のスピナベレパートリーの中に入ったTDスピナーベイトが、
一番活躍したのが大学一年でチャプターに参加し始めた最初の年の第四戦。
当時は全五戦中、二戦だけがエコルールだったので他三戦は使うことが可能だっ
た。
で、その試合では沖のハンプのウィードをスピナベで狙うって戦略を組んで、メインに使ってたのはDゾーン。
で当日、狙い通りキロ前後の魚を三本揃えたが、キッカーが入らず苦しんでいた後半に、
ルアーをTDスピナーベイトに変えた数投目に3キロ近い魚が入ってシニアで始めてお立ちに立てた。
そんなこんなで、こいつのシングルウィーローは本当に良く釣れる。
ただ、バランスがスーパーギリギリなのでキャスト時にクルクル回るから、
キャストが下手クソだと全く使いものにならないことを付け加えておきます。

ノンジャンルの最近記事

  1. 今と昔

  2. エンケイ株式会社

  3. もう一週間。

  4. 2021年スタート!!

  5. 2020年

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP