kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

完成間近。


最初は簡単にいくだろうと思ってた。こんな『ただの鉛の塊』って。
前々から具現化したい形というかイメージがあって、
昨年秋にひょんなことから話が進んでいった。
最初に手で削って作られたプロトは二投しただけで、
『クソルアーですね』と思わず言ってしまうほどだった。
クソは言い過ぎでも市販品と比べても中の下程度。
全くもって自信を持って使えるクオリティではなかったが、
適当に作っただけでここまでできたなら、
数回手を加えれば十分なものになるんじゃないかとも思った。
僕が早明浦でTOP50の最終戦を戦っていた最中に作られていた、
『進化したプロト』を浜松に帰ってきてから投げると、
三種類用意されていた全てが、見た目を除いて退化していた・・・
適当に作られた最初のプロトを越えるだけでかなりの時間を要し、
途中で投げ出したくもなったが、
ちょっとづつボディシェイプと動きの関連性が分かってきて、
だんだんと『クソルアー』じゃなくなってきた。
年末にはほとんど完成近くまで進行し、
最終プロトとして仮金型を作ってもらった。
年は明け2011年。
その最終プロトで本金型を作るところまで話は進んだのだが、
寸前のところで僕が『やっぱり一つ前の形が・・・』と言い出しモメにモメた。
結果的に僕のワガママを聞いてもらうかたちで話は進み、
元最終プロトさんはお蔵入りとなり、その一つ前のボディで話は進行。
気に入らなかったのは、手元に伝わるバイブレーションで、
元最終プロトさんは、使うと決めたブレードを付けるとイマイチだった。
正直、イマイチといっても十分使えるレベルだったのだが、
このボディでやるならもう一つのバイブレーションの強いブレードでやりたかった。
この時はすでに発注してあるブレードを捨てて、
違うブレードを使って、このボディてやるかというところまで話が戻ったが、
結果的にはボディを一つ戻して、ブレードはそのままという結論に辿り着いた。
それから約20日。
パートナーさんと毎日何回も電話でやり取りし、
二人で何回も泳がせては削るを繰り返し、
感覚的に言うと『カリカリッ』というバイブレーションを出せるようになった。
クソ長かった・・・。
もう一度やれと言われたら120%無理。
もう二度と『ただの鉛の塊』なんて言いません。
過大広告でも、ただ苦労したから感情が入ってるだけでもありません。
日本一のスピンテールを作ったと思います。
こいつを越えるスピンテールは今現在絶対存在しない。

ただ、本金型が最終プロトと全く同じに出来上がればだけど・・・(汗)

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント第二戦

  2. シマノTVロケ!

  3. 浜名湖チヌトップが爆裂している件

  4. 琵琶湖からFORCE取り付け!

  5. シマノTV撮影!!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP