kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

マッチ・ザ・ベイト

今週、I-SLIDEの撮影をしているときに再確認したんですが、
100%のリアクションバイトを除き、ルアーフィッシングってマッチザベイトが全てなんだと思います。
これって凄く大切だし、基本なんですが、釣りをすればするほど忘れがちになっちゃいます。
マッチザベイトを細分化すると、
・マッチザサイズ(シルエット)
・マッチザレンジ
・マッチザアクション
・マッチザカラー
だと僕は思うんですが、特に今回はサイズ(シルエット)の話。
I-SLIDEの撮影はクリアなリザーバーで行ったんですが、魚は間違いなく中流に多くて、
中流で沢山目視できたベイトは7cmくらいのハス?で、I-SLIDEを通してくるとチェイスはするけど、バイトはせず・・・サイズもMAX40ちょい。
そこでいち早く、上流で捕食している強い魚を狙おうと上流域を流すと、20cmくらいのウグイ所々に。
バスの個体数は少なかったけど、やっぱりI-SLIDEへの反応はチェイスじゃなくてバイトに。サイズも50UP。
魚って素直ですね。
梅雨時以降にバックウォーターやリバーでビッグベイトが効果的になるのはハスやオイカワが大きくなるからで、秋に川でビッグベイトがはまるのも落ち鮎の影響で。
もちろん確率論的にビッグルアー=ビッグバスって方程式はあるんだけど、
必ずしもスモールルアー=スモールバスではないし、もちろんマッチさせるのはルアーのサイズやシルエットだけじゃないしね。
何でこんなこと書くかって言うと(笑)、『ハチマルjrはシーバスの数釣り用ですか?』って凄く言われるんです。
もちろん分かってもらえますよね?
(笑)
ベイトがイワシとかコノシロじゃなくて、イナッコとかゼンメの時に使って欲しいです。
大きな魚を釣るための小さなルアーです。
明日は大阪にあります、メガバスギャラリーに居ますので、よろしければ遊びに来て下さい。
天候が凄く荒れるみたいなので皆さん安全第一で。僕も安全運転で!

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント最終戦!

  2. 5年ぶりの高滝ダム!

  3. 今月号!!

  4. 浜松へ帰宅!

  5. 今日からはソルト!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP