kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

浜名湖オープントーナメント最終戦 オンスタックル&ソルディーロCUP 4位

昨日の浜名湖オープントーナメント最終戦オンスタックル&ソルディーロCUPについて書いておきたいと思います。

週半ばにブログに書いたように私はJBスーパーバスクラシックを欠場しての参加でした。

浜名湖オープントーナメントは多くの釣具メーカーさま、地元企業さまのご協賛により運営されています。

浜名湖オープントーナメントの私の近年は大会当日だけ釣りをして何が何だか分からないうちに終わってしまう試合ばかりだったので、今回は3日間ちょっと集中して練習をしてみました。
シーバスもチヌも比較的良く釣れる印象でした。

シーバスはフクロウ14g。

チヌはMSクロー、グライドリグ。

ただ全体的にストライクゾーンが狭い印象で、いつもならエリアにしろタイミングにしろ攻め方(ルアー、スピード、レンジ)にしろドストライクの100点があったとしたらちょっと外れても80点や60点が存在して、大外ししなければ30点なんかは落ちていないような感じなんですが、今回の浜名湖はドストライクは100点で変わらない(存在する)ものの、ちょっと外すと一気に30点みたいな感じで『釣れてる人の真似をする。情報を聞いて同じようなことをする』くらいだと大して釣れないような全体の雰囲気だったとように思いました。

今回、3日間の練習をこなして珍しく精度を高められたので実は前日にオンラインサロン内でウェイト別予想順位なるものを浜名湖アングラーに向けて嘘偽りなく公開していました。
オンラインサロンではウェイトの根拠や構成魚種まで事細かく書きましたが、簡素化すると。

1.3000gくらいで10〜15位
2.4000gでお立ち台ギリギリ乗るか乗らないか
3.優勝は4500g〜可能性あるけど後は他選手の運

こんな感じでした。
朝、大会会場でサロンメンバーの参加者に『そんなにウェイトいくかな?』って沢山言われたんですが、試合結果としては私の読み通りだったと思います。
実際の結果も記しておきます。

1.3000gジャストで9位
2.4010gで5位お立ち台
3.4500gを超えたのは上位4名

今大会は88名の参加者。

さてそんな中、私は朝1箇所目の一時間足らずで3500gに達します。
内訳は1300g、1100g、1100gで全てクロダイ。
MSクローを用いたグライドリグ7g。
その1箇所目は浜名湖内の庄内湖にあるスポットなんですが、前々回の大会ぶりなので4ヶ月ぶりくらいに入ったスポット。
予定通りのスタート。

2箇所目は新川と呼ばれる庄内湖から近い流入河川。
もう普通サイズは要らないので、その中でも良いサイズが着くであろう杭だけを狙っていって一時間後には4kgに到達。
内訳は1400g、1300g、1300gくらいだったと思います。
これまた全てクロダイ。全て45cmくらい。
用いたのはハリーシュリンプ3インチのジグヘッド。

7時スタートで開始2時間で予定通りに良い感じ。
時刻は9時ちょい過ぎ。
こっからのウェイトUPはクロダイではキツいので、シーバス狙いで2箇所目新川から最遠地にある浜名湖内の猪鼻湖へ。

で、(たぶん)この移動中にシーバス用メインタックルをであるディアルーナBS+バンタムMGLのセットを引き波走行中に落とすハプニング発生(汗)
というか、猪鼻湖に着いてデッキを見渡すと無くなってた(汗)
必死に考えて、唯一持っていたグラススピニングに0.8号を巻いてあったステラを組み合わせて(チヌトップタックルに付いていた)、なんとか即興で代用タックルを作る。
キャストもフッキングもファイトもやり難いし色々不安。でも出来なくはない!

そんなドタバタ劇で猪鼻湖内には隠れ杭群が11箇所あるのですが、それを片っ端から狙っていくプラン。
練習から浜名湖全域にシーバスは釣れたけれど、明らかに猪鼻湖が2500g以上の確率が高くチョイスしました。
1箇所10分としても一周で約120分。9時半に着いて12時半には戻り始めたいので(13時帰着)、残された時間は約3時間。
とにかく一周は全部隈なく撃って、二周目は(ベイトの)反応が良いところだけをやるプラン。
その3時間でポロポロポロと4匹拾って1匹だけ1800gのシーバスが入り、他の3匹はどれも1100〜1200gで入れ替えできず。
用いたのはフクロウ14g(自分で作ったメタルバイブレーション)のピンクヘッド。

途中箸休めでやったスポットで偶然1500gのクロダイが釣れてくれて1800g、1500g、1400gとなりタイムアップ。

4680gで4位の最終戦でした。

結果、今シーズンは初戦から1位、3位、3位、4位となり昨年に続き浜名湖オープントーナメントの年間優勝となりした。

前日の夕方返却して、翌日の夕方手元に戻ってきた優勝カップ(笑)

年間表彰台はほとんどが20代でした。

正直に言って今シーズンもかなりハードでした。
本来、試合に向き合う姿勢としてやるんだったら毎回きちんと練習して臨みたい。
それが難しい中で、いつも釣ってこれるのは間違いなくスポンサー各社からのサポートのお陰です。
本当に今シーズンもありがとうございました。

正直に言うと、バスプロを目指していた私は若い頃に自分が産まれた場所がこの浜名湖のある浜松であることが凄く残念でした。
琵琶湖には近くないし、バストーナメントのメッカである富士五湖にも近くない。まともに大きなトーナメントに参加しようとしたら最低でも200km以上の距離を通わなきゃいけない。
何度『浜名湖が淡水だったらなぁ』と思ったか分かりません。
ただ、今こうやってバスフィッシングだけじゃない、ソルトフィッシングだけでもない自分を見て心の底から『浜名湖の近くに産まれて良かった』と思えます。
たぶんどちらかオンリーの環境だったら今の自分は居ないです。

年々ハードになる自分のスケジュールと、若い頃のように寝なくて大丈夫って体力もなくなり、順位や結果ではなく試合内容として自分で内心ガッカリすることもあります。
浜名湖に関してはプレイヤーとしてはもうやり残したことはないのかもなぁと思うこともしばしばです。
自分は浜松からどこかに移り住むつもりは全くありませんが、今シーズンオフは来年に向けてまた一から色々と考えていなきゃなぁと思っていたりします。
もちろんポジティブに!

◯メタルバイブレーション用
ロッド 旧ゾディアス260ML-G/シマノ
リール ステラ2500S/シマノ
ライン ピットブル12 0.8号/シマノ
リーダー Vハード4号/サンライン
ルアー フクロウ14g

◯MSクロー7gグライドリグ用
ロッド プロトロッド/シマノ
リール プロトリール/シマノ
ライン ピットブルG5 1.0号/シマノ
リーダー Vハード4号/サンライン
ルアー MSクロー/デプス

◯ハリーシュリンプジグヘッド用
ロッド ブレニアスエクスチューンS72ML/シマノ
リール プロトリール/シマノ
ライン ピットブルG5 0.6号/シマノ
リーダー Vハード3号/サンライン
ルアー ハリーシュリンプ3インチ/ボトムアップ

ボート AVX1980CC/ベクサスボート(SDG Marine)
魚探&エレキ GPSMAP8416XSV(フロント)、GPSMAP8410XSV(リア)、フォース(エレキ)/ガーミン(G-FISHING)
バッテリー オプティマイエロートップ/オプティマバッテリー(GWインターナショナル)、インパルスリチウム36V40A/インパルスリチウム

ノンジャンルの最近記事

  1. 撮影→ソルト→早明浦ダム

  2. 東京湾ロケ!

  3. 浜名湖オープントーナメント最終戦 オンスタックル&ソルディーロCUP 4位

  4. 浜名湖オープントーナメント最終戦オンスタックル&ソルディーロCUP

  5. JBジャパンスーパーバスクラシック2022欠場

関連記事

最近の記事

  1. 東京湾ロケ!

    2022.11.17

アーカイブ
PAGE TOP