kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

太刀魚用フック

以前にも何度か書いてきたけど僕は『針フェチ』なので、
常に色々なフックを試しながら釣りをしてる。
そんな僕が昨年くらいから試行錯誤しながら使ってるのが太刀魚用フック。
針トラブルで最大にして最も多発するトラブルは絶対にバラシ。
もちろんこれは針だけの問題ではなく、フッキング、ファイト、タックルバランスと、
全てが関係して発生するトラブルであるが、
針の性能が大きなパーセンテージを占めるのも間違いない。
そして僕の経験上、バラシのほとんどの原因はバーブまで掛かっていないことだと思う。
単純にフッキングパワーが足りない、ロッドが軟らかいというだけの問題ではなく、
針が太くなればなるほど、バーブも大きくなるのが基本。
ただでさえ太くなっている針を、さらに太くなったバーブでは掛けるのが難しくなるのは当たり前。
そもそも10ft以上のロッドにPEラインを使って何十mとキャストするサーフの釣りと、
6、6ft以下のロッドで伸びの発生するフロロラインでショートキャストを繰り返す釣りと、
対象としている魚の大きさと重量が似ているからといって同じ線径、形状の針で事足りるはずがない。
だからこそ僕は一種類のフックでルアーによってサイズを変えるだけという使い方よりは、
例え同じ魚種でも、狙う魚のサイズ、バイトさせるレンジや距離によって、
同じルアーでも何通りかフックの組み合わせを作っておきたい。
なんかだいぶ脱線してきたな・・・
まぁそんな感じで、昨年はちょいちょい太刀魚フックをブラックバス&シーバスで使ってきたんですが、
ルアーのセッティングがシビアでないルアーでは非常に相性が良かった。
太刀魚用フックは基本バーブレスなんだけど、ハッキリ言ってバラシはほとんどないし、
逆に冒頭でも書いたように、大きなバーブがあるために掛かり難くてバレやすいフックに比べれば全然良かった。
太刀魚用フックはバーブレスってだけじゃなくて、
フックポイントから太くなっていく変化が凄く緩やかだからより一層掛かりやすい。
(実はバーブレスよりこっちのが重要)
更に通常のルアー用フックに比べ、ショートシャンク&ワイドゲイブだから、
通常付けられてるフックよりも重量的に1サイズ大きくしてもバランスが崩れない。
(ただシビアなセッティングのルアーは抵抗がでかくなってバランス崩れて相性悪い)
唯一の決定は・・・
でかくできるから針が一本掛かりになりやすく、よって伸びやすくなる点と、
伸びるとバーブが無いから一瞬で外れる点。
ただこれは針のことを考えず、無茶苦茶なファイトをした場合で、
上手いこと付き合えばメリットのほうが圧倒的に多い。
あと重たいルアー(メタルジグとかスピンテール)とは相性最悪です。
バーブが無いからジャンプ一発で絶対に吹っ飛びます。
バラシにお悩みの人は騙されたと思って使ってみて下さい。
※3フックと4フックがありますが、4本フックは専用設計されているか、動きがかなり強いルアーでないとバランスが崩れてまともに動かなくなりますので注意して下さい。

ノンジャンルの最近記事

  1. 江口プロと対決!

  2. 弥栄ダムの練習へ向け!

  3. 今年最初のソルトロケ!

  4. ソルトテストからのソルト取材!

  5. 今日から七色ダム生活!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP