kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

シーズンイン

明日から二日間、河口湖でマスターズシリーズが開催されますね。
今年のJBプロトーナメントの開幕戦です。
もちろん僕の知人様たちも沢山参加されています。
『今年のマスターは賞金稼ぎ』と豪語した方や、
二年連続でAOYを目指す方、そしてそれを阻止してAOYの奪還を目指す方、
僕にオーバーホールに預けたステラがまだ発送されてなくておそらくスピニング-1で挑む方・・・
皆様頑張ってください。


左からKTWの漁師クランク&スナブノーズS5、グレイズのヴァベル。
プロ戦は今週末からですが一足早く先週末、琵琶湖で開幕戦を向かえた京都チャプター初戦。
暖かい日が続いていましたが暦の上ではまだ2月だったので難しいんだろうなと思いながら、
多くの知り合いの方が出ていたので結果を楽しみにしていました。
優勝者は三本で8260g・・・の驚異的なウェイト・・・
釣ったのは上の画像の三つのクランクだそうです。


いつも仲良くしてくれているクランカー木村さんが優勝でした。素晴らしい!!
優勝が8キロオーバーという結果だけ見ると相変わらず琵琶湖は良く釣れるんだねと思われそうですが、
ウェイン率ですら40%、リミット揃えられたのはたった4人です。
優勝の木村さんと、二位のダイスケさんが7キロ半とぶっちぎってるだけで、3位で3キロ半、5位で2キロ後半です。
こういう結果を見ると改めてトーナメントって面白いなぁと思います。
もし上位の二人が出ていなかったら『まだまだ厳しい冬の琵琶湖』と思っておしまいなんだけど、
おそらく二人とも東岸シャローで完全に狙いに行って釣ってきてるだろうから、
キーパー揃えてる間にキッカー入ればいいな的な考えで出したウェイトではないだろうし、
そう考えると釣りに限界は無いというか、限界はただ人間が作っているだけというか。
僕も年に一回ぐらいは『今日の限界でしょ!』ってくらい釣るときもあるけど、
そんなのはきっと自分が思ってるだけで、更に言えばそう思ってしまった時点でそれ以上は叩けないんだろうなぁ。
まだまだですね。

ちなみに僕からリール5台、ロッド1本強奪してまで今シーズン本気で狙いに行っている某氏が居ますが、
前日プラの段階で『明日は最低でもお立ち台』と豪語したにも関わらず、
当日は見事に釣れていないほうの60%に入ってました・・・もう早く返してくれませんか??

その方が自身のブログでも『結果がすべて』という内容で書いていましたが、
『精神力の強さ』『釣りが上手いだけでは勝てない』・・・その通りだと思います。
完全に名指しで挑戦状に近いようなことかいてあったけど、僕は好きですよ。
誰が言ってるのか分からんようなところでチクチクやるよりは、
名指しで『お前のこと認めてる!だからこそ勝ちたい!』って言ったり書いたりするほうがお互い気持ちいい。
確かに簡単ではないかもしれないけど、簡単に達成できるものも逆につまらんしね。
以上、関係者以外全く面白くない内容になってしまいました。ごめんなさい。

~業務連絡~

このカラー(グリッター)は多分発売しません。
ちょくちょくと書いてきたスピンテールですが、本金型も無事問題なく出来上がり、
その他の加工も無事進行しており、あとはカラーをサンプルの数種類の中から選ぶだけとなりました。
とりあえずは、3月末に100個売りに出せるように計画を進めています。
2~3日で売れちゃうかもしれないし、ひょっとしたら一年間で売り切れないかもしれないし・・・(汗)
全く分かりませんがまぁ100個だったら最悪、僕が3年くらいかけて使います。(笑)
製作も販売も僕がするわけではないので(散々口を出すだけ)、
しっかりとしたことが書けず申し訳ありませんがそんな感じなのでもうちょっとだけ待っててください。

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント第二戦

  2. シマノTVロケ!

  3. 浜名湖チヌトップが爆裂している件

  4. 琵琶湖からFORCE取り付け!

  5. シマノTV撮影!!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP