kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

TOP50第二戦 旭川ダム

以前から僕のことを知っていただいている方はご存知かと思いますが、
僕にとってTOP50戦で旭川ダムを訪れるのはこれで二度目。
二年前の第三戦で訪れ、順位は51人中46位・・・
ただ前回は順位以上に学ぶことが多く、初年度で降格しなかったのはこの旭川ダム戦のお陰だったと思っています。

さてさて今回は前評判から『スーパータフ』と噂されていた通り、試合前週の4日土曜日からプラに入り、
合計五日間練習をしましたが、(4日は午後だけ、5日は夕方二時間だけ)
五日間でMAX釣れた日でも3本。悪い日はゼロ。プラで釣った本数は7か8本だったと思う。
6月としては異常な『釣れない』だったんですが、それは皆一緒な感じ。
更にプラで釣れた魚のうち数本はいわゆる『ネスト絡み』な感じで、再現性がない個体。
オフリミットのない試合のプラでは本来、『釣れるパターン』を探すのが当たり前ですが、
今回ばかりはあまりにもタフ過ぎて『釣れると思ってやり続けられる釣り』を見つけるだけで精一杯。
そんな状況で、二回以上の魚の反応(バラシ、チェイス含めて)を得られたのが、
①上流域、アウトサイドテトラのドリフト&カバー打ち
②中流域、アウトサイド岩盤エリアでのスピナーベイト
③下流域、ミドル~ディープ(4~6m)でのライトリグ

の三つ。今回の試合はウェイト以上に釣れるか釣れないかと、匹数が大切だと思っていたので、
そういった意味で一番可能性が高そうだと思っていたのが③でしたが・・・
プラ最終日(試合初日の前々日)に何度も入りなおしてノーバイト・・・

結果的に何も『絶対』がないまま本戦を迎えることに・・・

プラで釣った岩盤スピナーベイトの魚。完全ドアフター。
初日の朝までどこに行くかは決めてなかったものの『フライトが一桁だったら上流行こ』と思って引いたのは6番フライト。
朝一から上流テトラエリアに入って、ベイトフィネスのスモラバドリフトで1時間で1600gをキャッチ。
スーパー安心して一日ここで粘るか考えたけど、初日の夕方~二日目朝にかけて豪雨の予報がすでに出ていたので、
二日目上流域はリスキーな可能性も高かく、更に明日のフライトは初日と逆なのでプラを兼ねて10時半に下流へ。
ちなみに旭川ダムは川幅は狭いが上下に長いリザーバーで、デッドスローエリアが複数あるため、
スタート地点(上流)から最下流までは1時間くらい時間が掛かる。
で最下流に移動してプラでは釣れていたミドル~ディープを二時間やるもノーバイト・・・
帰りに上りながら中流域の岩盤をスピナーベイトで巻いて、キロ位のバラシと500gを入れて二本でウェイン。


この日のウェイン率が37/60でした。
二日目は45番フライト。豪雨の影響で50cmの増水&激濁り。
一応、スタートから上流に向かうもさすがに入れるところはなくすぐに下流に向かう・・・
下流はまだ濁りが入っていなかったので気合を入れてライトリグするが・・・
12時回ってもゼロのまま。途中、中流でスピナーベイト巻いたりしたけどノーバイト。
精神的にもかなりいっぱいいっぱいだったけど、かなりの選手が下ってきていたので、
最後は人の少なくなった上流行くしかないと13時頃から上流へ。
テトラはドリフトできるレベルの流れじゃなかったけど(激流)、
増水のお陰で打てるカバーが増えて14時半になんとかテキサスで一本。
三日間で一番苦しかった一日でした。


この日でウェイン率は24/60。
最終日は暫定順位でのスタートだったので9番フライト。
試合時間が短い(13時帰着)なので移動時間の長い下流域はパス。
水質もかなり回復していたので上流だけで勝負のつもりで。
とりあえず初日のテトラから初めてすぐにバイト。
ジャンプされてオブザーバーの方と『デケー』と二人で言っていたら見事に外れた(笑)
さすがに今回の試合展開でバラシはダメージが大きかったけど、何故だかこの日は、
『もう一回くらいチャンスあるだろ~』と気楽な感じで頑張り続け、
かろうじて10時頃にカバーで一本入って終了。
チャンスはミスったけど、ミスを取り返すためのチャンスはなんとかモノにできました。


最終日のウェイン率は13/30でした。

★今回のメインタックル★
<8.8gテキサス用>
デストロイヤー・レーシングF6-69XRC(メガバス)
メタニウムMgDC7(シマノ)
SHハイグレード13lb(東レ)
ボトルシュリンプ3(メガバス)
<スピナーベイト>
GP69M
メタニウムMgDC(シマノ)
SHハイグレード12lb(東レ)
エコハイピッチャー1/4oz
<スモラバ>
6.2ft ML
アルデバランMg7+BFSスプール(シマノ)
SHハイグレード7lb(東レ)
スモラバ2.7g&ゲーリーシュリンプ3

6位はちょっと惜しかった感じもあるけど、実際には三日間で4匹しかウェインできていないワケで、
そう考えたらなんとか生き残った、という感じの強い試合でした。
それよりも次戦の旧吉野川戦が楽しみです。また今暑くなるんだろうなぁ~


JBNBC公式HPより拝借。
最後に色々とお世話になっておりますメーカー様、個人様、そして応援していただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント第二戦

  2. シマノTVロケ!

  3. 浜名湖チヌトップが爆裂している件

  4. 琵琶湖からFORCE取り付け!

  5. シマノTV撮影!!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP