kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

TOP50弥栄ダム戦 詳細

無事、浜松に戻ってきました。TOP50弥栄ダム戦の内容更新いきたいと思います。
プリプラ、直前プラで感じたことの中で結果的にキーワードとなったのは『魚が凄く水面(上)を見ているフィールド』だということでした。
プリプラでスイムベイト片手にバンクを流しても普通のフィールドに比べチェイスが少なく、あってもミッドスポーンの魚ばかり。
凄い豊かなフィールドなのにおかしいなぁと思い、途中からビッグバド片手に流すようにしたら連日ナイスフィッシュだけでリミットが揃うような感じ。
これはもちろんプリプラでの話であって、季節も進行するだろうし、プレッシャーが尋常じゃないほどかかるのでこのまま同じ魚を狙えるとは考えていませんでしたが、水面は1つのキーになるんだろうなぁくらいに考えて、試合へは色々な水面系ルアーを持ち込んで直前プラで試すことに。

直前プラの感触から結果としてメインに据えたのはムシ(モッサ/スミス)と羽根モノ(アベンタクローラーRS/イマカツ)。
この二つのルアーだけで直前プラ二日間で40後半~55cmクラスだけでも5本釣れたくらいプリプラの時以上にサイズも数も反応する個体は増加。




エリアは全域で反応があったけど美和、小瀬川、下流と三つに分別できるエリアの中で確実に一番魚の薄く、人気も無い下流を主戦場に選んだ。
湖全体の魚影としては美和6:小瀬川3:下流1って感じだったけど、誰もがすぐ気付くくらい明確だったので、自分のスタイルと三日間の試合ということを考えあえて下流での勝負に。
プランとしては基本下流でムシ&羽根モノで勝負しつつ、心が不安定になり始めたら一番魚影の濃い美和でキーパー掻き集めるのもあり(笑)
初日はまだプレッシャーも低かったためか幸先よく開始二時間でキロフィッシュ2本をムシでキャッチ。
・・・したまでは良かったんだけど、急に心が不安定になりだし『とりあえずリミットを揃えたい』衝動に駆られその後お昼まで美和でのキーパー取りに敗走。前回の遠賀でのダメージがでか過ぎて凄い気持ちの弱い初日でした。
結局、昼過ぎに下流に戻るも風が強過ぎて魚は見えにくいし、アベンタは動き過ぎちゃうし。それでもムシ1バイト、アベンタ1バイトをとるもくだらないミスとすっぽ抜けでキャッチできずそのまま終了。
初日3300gで、結果論だけどこの日で僕の優勝はほぼ無くなった。

開けて二日目は心を強く。お昼まで下流から逃げないと決めてスタート。
冷え込みがちょーきつかったこの日。(水温は前日の午後から3℃近く下がってた。)
朝一に突然起きたボイルを持っていたアベンタを投げてキャッチのラッキーフィッシュからスタートしたものの、
水温が低いためか魚見えないし、アベンタへのチェイスもなし。
この日、下流には僕と加藤さんしか居なくて終わった感満載だったけど水温が上がり始めた10時からの一時間でアベンタのキッカーフィッシュを皮切りに見えた魚にはモッサの提灯で2匹キャッチ。
その後、風が吹き出してちょっと嫌な感じになりだしたので美和で一本釣ってリミットメイク。この魚を下流で再び入れ替えるため午後は奔走したものの別の羽根モノ(キッカーでアベンタRSが殉職してたので・・・)で2バイトあったけど羽根を沈められただけでミスバイト。
ただ午前中の下流での4本が効いて、二日目は単日トップウェイトでした。

暫定4位で迎えた最終日。自分には守れるような器用さがないのは重々承知なのでもちろん朝から下流勝負。
魚を見つけたらモッサの提灯、ベイトが多いスポットではアベンタRSで超デッドスローに。二日目同様の冷え込みで9時過ぎまではノーチャンスだったけど、水温が上がりだしてからはチャンスを一つづつ掴み、下流でキーパーも気合いで揃え4キロを超えて単日2位。
上の3人が強過ぎて4位のまま順位は変えられなかったけど、試合中に何度も手が震えて自分らしく戦い抜けた三日間でした。

最後になりますが、応援頂きました皆さま。日頃からお世話になっているスポンサーさま。会場で大会運営にあたって頂きました役員の皆さま。改めて深く感謝致します。ありがとうございました。
メインタックル
○アベンタRS用
・ゾディアス166ML/シマノ
・メタニウムMGL HG/シマノ
・FCスナイパー12lb/サンライン
○モッサ用
・エクスプライド265ML/シマノ
・ステラ2500S/シマノ
・PEエギULT0.5号+FCスナイパー8lb/サンライン

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント第二戦

  2. シマノTVロケ!

  3. 浜名湖チヌトップが爆裂している件

  4. 琵琶湖からFORCE取り付け!

  5. シマノTV撮影!!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP