kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

TOP50七色ダム東レソラロームCUP 詳細

早くも2018年シーズンも折り返しの第三戦。舞台は七色ダム。
いつも通りTOP50の試合の週は月曜の夜か、火曜の朝に出発して半日くらい現地で準備して水曜から公式練習。
のつもりで準備をしていたのですが、まさかまさか月曜の午前中に熱中症になり(汗)、月曜は夜までゲロゲロ。火曜朝一で点滴を打ちに行き満身創痍の中スタートしました。
夏日が続いたら本当に危なかったのですが、天候は悪いまま荒れた試合に。
また今回の大雨で被害に遭われました地域の皆様が、一日も早く日常の生活に戻れることをお祈り致しております。

プリプラでは昨年メインにしたロングワームの釣りと、キーパーを揃えるためのライトリグの練習を中心に行い、
多くの選手がメイン&練習していたサイトフィッシングは一切行わず、周りは関係なく自分らしい釣り方だけを意識していました。
というのもスタイルに拘りたいわけでもなく、サイトフィッシングは苦手意識が強くとても戦える自信が無いのが正直なところ。
七色ダムはサイトで魚を選ぶか、ルアーのサイズ感でサイズを選ぶかしかないと私は思っているので、今年も後者をメインにしました。

唯一、プリプラから本戦に向けて役立ったのがプリプラ最終日大雨後の一日でした。
至る所にマッドラインが形成され、ローライト気味だったこの日。ジンクリアな七色ダムでは普段は全く反応しないナイスサイズが少しの濁りでスピナーベイトやチャターベイトにバイトしてくることを知り、
万一、濁りの中での試合になったらコレも組み込むつもりで準備を進めました。
そしてまさかのそんな天候の中での開催となりました。



ご存知の通り今大会の直前プラ二日間は雨。しかもそれまでの濁りも抜けてない上での雨。
巻物が激ハマりで、普段ライトリグではなかなか釣れない700、800gのナイスキーパーが連発していました。
メインにしたのは直前にシマノから送って頂いたスウェジーという新しいスピナーベイト。
バイブレーション強めなスピナーベイトですが、Dゾーンよりはちょっと弱めと、かなり使い所の多いアクションです。
この釣りだけで3500~4キロが朝だけで揃う勢いで、これにロングワームで入れ替えをメインにしていく作戦で組むことにしました。
ロングワームはベイトブレスのヴェイン8インチをメインに、キッカー以外も欲しい場合はヴェイン6.8もローテーション。
リグは昨年はテキサスでしたが、今年はペグ止めしたフリーリグを使用。

テキサスでもなく、直リグでもなく、ペグ止めしたフリーリグにしている理由は、
テキサスよりも垂直に落としやすく、直リグよりもトラブルが少ないから。特に直リグはパーツが多く、ミスし易いので今回に限らず使いません。
これをレイダウンや立木なんかのカバーに絡ませていきます。
初日二日目はとにかく朝だけ巻いて、途中からはロングワームにシフト。リミットとかは考えないつもりで今年の七色ダム戦も挑みました。
初日、まずはあっという間に揃うだろうと、中流の濁りエリアから巻き始めるもなかなか釣れない。釣れてもキーパーサイズ(汗)
絶賛サイズダウン中で、二時間巻いて400g、400g、600gの三匹だけ。ヤバイぞコレ。
下流エリアでロングワームにシフト。直ぐにガリガリの1300gが釣れて一安心。
しかしそっからが長く、一発2キロクラスに巻かれて切られただけで昼過ぎ。仕方なくワームサイズをヴェイン8インチから6.8インチに下げてキーパーを拾い、最後二時間は水色を見ながらスピナーベイトを巻きまくるもチェイスだけで終わり。
結果、不安しかないまま初日は終了。

3100gちょっとで16位スタート。周りが釣れすぎで4キロオーバーが13人な初日は、戦前の予想通り上と下の差が開いた結果でした。
ただこの日は時間配分を完全にミスっていた自覚もあって、昼からを巻きに使うくらいならビッグフィッシパターンのロングワームに使えば後2、3回チャンスはあったんじゃないかというのが唯一の心の拠り所でした。
明けて二日目。
水色や水温がコロコロ変わるので朝一は変化も確認したくてまずは巻きから。
開始一時間ちょっとで600g、600g、800gと昨日よりもペースもサイズも良い!でも早い段階でこの釣りを辞める決心をする。
きっかけは・・・

メインにしていたスウェジー1/2oz金黒のワイヤーが800gの抜き上げで折れた!
強度はめちゃ高いんですが、流石に使い始めて四日間でたぶん20本近く釣ったから仕方ない。そしてこれは絶対に勝負しろという啓示だと都合よく解釈(笑)
この日のロングワームは6バイト4キャッチ。巻かれてミスっている魚はたぶん全部2キロ以上の魚。2キロまでしか出てこない(涙)
6キロはいっただろ!と帰着。


二日目は7キロオーバーのトップウェイトで、予選を3位で通過!
前回北浦戦で空回りしまくって巡って来なかったチャンスが、まさかの七色ダムで回ってきた。最終日やるしかない。

二日目に使ったワーム。ファイト中に飛んでったのも沢山あるけれど、自分はコイツらに賭けるしかない。
三日目朝。ホテルの駐車場に停めてある車のワイパーに何か挟んである。

携帯を確認すると、今回も宿が同じだったノムシュンさんから『足りなくなったら俺の分も使え!』のラインが。既にマリーナに向かう車内で涙目(笑)
最終日は一晩で1m超の増水に水も全く違う、天気も回復する予報。正に昨日までとは違う湖。
緊張することなくスタート。まずはスピナーベイトから。スウェジー無くなっちゃったからDゾーンで。
一時間やるも晴れ間が出てきたタイミングでギブアップ。ロングワームにシフト。
この日は増水によりシャローカバーが作られ、昨日までと同じくレイダウンなのか、シャローカバーなのか迷いながら両方をチェックしていく。シャローカバーではOSPのドライブクローラーも使用。
ここだろ!ってスポットでのワンバイトめ。気合い入り過ぎていたのかまさかの16lbを合わせ切れ。嘘だろ!
その後連発した二発もワーム下半身を千切られたりしてリズム激悪。
オフセットフックのアイに16lbラインが通らないくらい手が震えて(笑)なんとか四発目のキロUPをレイダウンからキャッチ。
ここからは天候回復もあって私には苦しい時間に。
仕方なくスピニングも握ってキーパーをキャッチするも、エリアも釣り方もどっちつかず、何をしたいのか分からないまま終わってしまった最終日でした。

最終日はキロちょっとで最終順位は9位まで落としてしまいました。
最終日もこの魚を五匹持ち帰るのが目標だったのに・・・力不足!!気持ち不足!!

沢山の方に期待させ、自分自身が一番期待して、申し訳ない気持ちもある今大会でしたが、
不思議と落ち込んではいなくて、次は掴みたい。と素直に思える、勉強になった一戦でした。
あと二戦、チャンスが巡ってくるかは分からないけど、自分を信じて戦っていきたいと思います。

メインタックル
○ロングワーム3.5gフリーリグ用
・エクスプライド 1610M/シマノ
・アルデバラン BFS XG/シマノ
・シューター14lb/サンライン
○ロングワームワーム5gフリーリグ用
・ポイズンアドレナ1611M+/シマノ×ジャッカル
・アルデバランMGL31 HG/シマノ
・シューター16lb/サンライン
◯スピナーベイト用
・ゾディアス166M/シマノ
・メタニウム MGL HG/シマノ
・シューター12lb/サンライン

ノンジャンルの最近記事

  1. 浜名湖オープントーナメント第二戦

  2. シマノTVロケ!

  3. 浜名湖チヌトップが爆裂している件

  4. 琵琶湖からFORCE取り付け!

  5. シマノTV撮影!!

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP