kenshikuroda.com

  1. ラインの『いろは』

PEライン part3

ちょっと間が空いちゃったけどPEラインについてのpart3。
これで最後の予定(笑)現場は。
前回まではフロロ時代のPEラインの使い始めから、極細PEラインを経て、
今は0.6号(前後)に落ち着いてるってことで、今回は今現在メインの0.6号についてのご紹介。

⑦PEエギULT/サンライン(2010~)
PE極細マイブーム時代に0.4号を愛用してて、現在は0.5号のみ愛用。
同じような小型ルアーを使う場合でも7.0ft弱のレギュラーテーパーロッドではなく、6.6ftクラスのファーストテーパーで丁寧に動かしたいような時に使用。
リールもこれだけは軽いヴァンキッシュをあえてセット。
適度にしなやかで、表面は少しザラつくけど、結束強度が高いため愛用。
あと耐久性も高くて(普通に二年とかいける)、何より0.5号ってラインナップが魅力。

⑧CAST AWAY PE/サンライン(2014)
シーバス定番ラインだけど、今までなかなか使う機会が無く今年になってやっと初使用(笑)
噂通り、微妙に太い。ただ飛距離はほぼ0.6号クラス。
僕的には糸鳴りが凄く気になって使用は断念。
ただ糸鳴りしてても問題無く釣れてたので、たぶん気持ちの問題。
トラブルも少なく、結束強度も高くてベーシックなPEラインなイメージ。

⑨G-soul X8 UPGRADE
で、最後はこのライン。
現在、0.6号使うなら絶対コレ。
理由はトータルで性能が高いから。
飛距離、強度、結束強度、トラブルの少なさ、どれもストレス無く使用可能。
唯一、ちょっと毛羽立ち易い気もするけど、ごく僅かな違いレベル。
表面もライン自体もしなやかなので、ドラゴンコール8ブレイドの0.8号同様、PRノットでの結束が絶対。
使い易さも信頼度も一番高いライン。
以上が僕の今までのPEラインの愛用歴。
もちろん紹介しなかった中には一回で辞めた僕と相性の悪いPEラインもいくつかありました。
有名ラインを一通り使っての僕なりの結論です。参考にしてみて下さい。
あと例の1ボビン1万円のPEラインは注文済みで近々、使用予定です。
良いか、悪いかは自分で使ってみないと分かんないもんね。
また使ったらインプレします。

ラインの『いろは』の最近記事

  1. PEラインの色分け。

  2. ナイロンラインを再評価してみる。

  3. 今流行りのPEラインを比べてみる。

  4. オススメPEライン!

  5. PEラインを使うために。その壱!

関連記事

最近の記事

  1. 西へ東へ!

    2019.09.13

アーカイブ
PAGE TOP