kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

クロダイポッパー

先週、ロケやらイベントやらクロダイポッパーだらけだったので、
僕なりの今までの経緯とポッピングダックができるまでの総括を少しだけ。
10年ちょい前に浜名湖が発祥!?とされて認知されたクロダイゲーム。
特にダックを出すに当たり、多くの方々から『今さら!?(笑)』と言われました(笑)
昨年、一昨年と色々なご縁で、おそらく市場に出ている『クロダイポッパー』と呼ばれるほとんどのポッパーを投げました・・・
有名どころだとRAポッパー、ザブラポッパー、フィードポッパー、エアコブラ、3Dポッパーとかとか・・・
ローカル系を含めて、色々集めて投げてみました。

僕がこの10年使うことが多く、昨年テストしてても良かったのはこの三つ。
・RAポッパー/ジャクソン
浜名湖の元祖。10年以上経ってもやっぱり良い。
垂直浮きで、大型フック。当然フッキング率が高い。
ただ浮力が低いので慣れないとアクションできない点と、風が少しでも吹いたら無理。
ベタ水面用。
・バックファイヤー/バスディ
RAとは逆に動かしやすい。誰でも簡単に泡が作れる。
ただちょい水平気味のためフッキング率が低めなのが難点。
あと流入河川周りだと沈む(笑)
僕としてはクロダイ専用というよりはシーバスなんかも狙いたい時用。
・ポッピー/スカジットデザイン
動かしやすく、フッキング率も高い。
サイズがRAポッパーと、バックファイヤーに比べ少し小さいためフッキング率が高いと思われる。
ポッピーの地味な凄さはキャスト時にスライスすることがほとんどないためストラクチャー打ちで重宝する。
ここ二年は一番愛用したポッパー。
どれも凄く良いポッパーなんだけど、何かに特化させ過ぎて他の性能が著しく低い場合もあって、満足しきれるものがなく、
最々後発で、皆に『このタイミングで!?』と言われながら昨年からテストを繰り返して開発をしていました。
意外と釣ったことがない方や、キャッチ率が低くて倦厭している方が居ることも知ったので、
何かに秀でさせるのではなく、誰が使っても全てがハイポテンシャルな仕様に仕上げました。
だから今回はX-80jrの時とは違い、特別な意図とか、やり込んでいないと分からないようなスパイスは一切なしです(笑)
一部、前後スイベルアイと不自然なフックサイズなんかはらしいギミックだけど、
基本は誰でも簡単に動かせて、フッキング率が異常に高く、多少のサザ波でも使える文句なしのポッパーです。

誰でも楽しめるお手軽ハイポテンシャルなポッパーに仕上がっているはずです。
今からが本格的なシーズンインなこの釣りを是非、皆さんも楽しんで下さい!
あと定価1320円は僕もビックリな値段設定(笑)

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. シマノ ワールドミノー115SP

  2. ブルスレンダー4.7インチ

  3. バックスライドワームの優劣

  4. ライズウォーク新色!

  5. DEPS ブルスレンダー

関連記事

最近の記事

  1. 長良川撮影!

    2020.10.13

アーカイブ
PAGE TOP