kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

8/19 浜名湖ガイド&カラーローテーションについて

お盆休みも明け一発目。本日はいつもビシバシ厳しい私のガイドに遊びに来てくれる長谷川さんとご一緒させて頂きました。

とりあえず一枚だけは貼り付けさせて頂きます(汗)

長谷川さんのガイド時はいつも魚の探し方の練習なので、本日も最近のガイドと同様にチヌトップを一時間くらい行いましたが、他の時間は次回の大会に向けてシーバスの探し方や新規エリアの開拓をご一緒にさせて頂きました。
あとはライブスコープを見て頂きながら今までガイド時に言葉で伝えていた場所や魚がどう写るのかの勉強。
長谷川さんライブスコープ買うのかな??(笑)

予報に反して晴天でメチャ暑かった今日ですが色々と私自身も収穫のあった一日でした。
長谷川さん今日もありがとうございました!

ということで釣果写真は貼れずなので、今日は最近メインに行っているトップウォータールアーのカラーローテーションについて書いておきたいと思います。

ざっくりこんな感じ。黒田在庫欠品中のIPシュリンプとエビオレンジは左から二番目のグループ。

まず先に言っておきます。昨年までは高速で動かすペンシルではカラーなんて透ければ(シルエットが曖昧であれば)大差無いと思っていました。
カラーというか『透け感』は比較的、静と動のアクションがハッキリしていて見せて喰わせるポッパーでは凄く気にしていましたが(メガバス時代に作ったシースルーウォーターメロンはそれをすごく意識して作ったカラー)、ペンシルに関してはルアーシルエットではなく周りの水の動きや引き波で魚を騙すのである程度見えれば大差無いという認識でした。
だからこそ昨年ライズウォークのカラーラインナップをシマノ社で考える際にはクリアカラーのみで十分だと発言していたし、実際にライズウォークのラインナップは8色全てクリア系のカラーです。

先日、ブログUPした『プロのロッド選択』の話とは真逆になりますがプロって名前がつくからって魚のことを何でもかんでも全て分かっている訳ではありません。間違えていることも多々あります。
ここ数年、私(のボート)は毎年、浜名湖一チヌトップで魚を釣っていたと思います。
ただそれでも、この『ペンシルのカラーは透けてれば大差無い』ということについては間違えていたと今は思います。
こんなこと言うプロは少ないと思いますが、改めて本日訂正させて頂きます。

ただハッキリ言って色が赤だとか黄色だとか緑だとかはどうでも良いです。やっぱり大切なのは透け感。どれだけ透けるか、透けないか。

最も透けるクリアはハイライトやクリア向き。空の色まで丸わかり。魚を騙しやすい一方、濁ると見つけてもらえ難かったり、ミスバイトが多発するカラー。

そもそもなんで今年そんなカラー(というか透け感)の大切さを痛感したかというと梅雨が長引いた&雨量が多かったからでした。
例年以上に6、7月と梅雨の濁りがキツかった今年。スーパー連続取材の中で嫌と言うほどカラーによるバイト数、ストライク率の違いを感じました。

IPチャートとIPコノシロ。この二色はほぼ同じ効果。空の色も若干分かる。私のベース色

私のベース色はライズウォークだとIPチャート、メガバスルアーだとシースルーウォーターメロンに代表されるようなそれなりに透ける系。魚も捕捉はできるけど何かは分からないようなカラー。
もちろん取材時も梅雨前やハイライト時には活躍してくれました。
問題だったのは6月に入ってから。
釣りビジョンやルアークロスの撮影。長雨で浜名湖は濁りがきつい。

IPアカキンとIPイワシ。両方お腹が白く全く透けない。ただこのカラーがあったお陰でなんとか濁りは乗り切れました。

釣りビジョンの撮影なんかもろにそうで。
毎日夜は豪雨。濁りがどんどん入ってきて信頼のIPチャートが全く釣れない。釣れないってかバイトがない(汗)
水温低下もあり、そのせいだと思っていたらシルエットがしっかり出る(出てしまう)IPアカキンに変えた初日後半以降はコンスタントにバイトが発生。この頃から『カラーってひょっとしてなんでも良くない?』なんて思うようになりました。

画像はIPライム。同じ透け感なのが黒田欠品中のIPシュリンプにエビオレンジ。透けるけど通す光量は少なめ。感覚的にはIPチャート系とIPアカキン系のちょうど中間。

正直なところIPアカキンとIPイワシのお腹白ベタ塗り二色は個人的に『ほとんど使わない色』という認識で、シマノセンス無いなぁなんて思ったりしたのも事実です。
全カラーの頭文字にIPとついているのも『インサートプレート』の略であくまでも透けるカラーだからこそ生きるプレートです。
ただ今現在の私は、箔やベタ塗りで全く透けないカラーをラインナップさせなかったことを後悔するほど『透けないカラー』の重要性を感じています。来年追加して貰おう(笑)

プロとしてこんな『昨年までの私の考え間違えてました』的な内容をUPするのは恥部ではあるのですが、『あいつ言ってること変わってんじゃん』的な不安を与えるくらいなら正直に話した方が楽なので書いてみました(汗)
そんな感じでこの中から特徴の違う三色を持っていればどんな状況にも大抵対応できるよってお話でした。
もちろんライズウォーク以外のペンシルベイトでも!!

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. 8/19 浜名湖ガイド&カラーローテーションについて

  2. フェザーフックのカラー。

  3. ライズウォークと水泡(スイホウ)

  4. 羽根モノ取材!

  5. Ⅰ×Ⅰシャッド

関連記事

最近の記事

  1. 西へ東へ!

    2019.09.13

アーカイブ
PAGE TOP