kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

スイミングジグ修行中!

昨年の夏頃からハマっているスイミングジグ。
昨年の秋から冬にかけてはリザーバーやリバーでほんとしょっちゅう投げてました(笑)

おそらく琵琶湖で投げられるのは3/8oz前後で2~4mくらいだと思うのですが、僕はどちらかというと1mまでと4m以深で使っています。
理由としては2~4mっを引けるルアーって沢山あるんですよね。
どちらかというとそのレンジではスイムベイトやスピナーベイトを使うことが多いのが現状で、
1/4ozでシャローを引くか、5/8ozでディープを横に引くかがメインの使い方です。
琵琶湖では超定番。いまやスピナーベイト以上の地位を確立している気さえしますがなかなか他のフィールドで使っているアングラーって少ないですよね。

ガードが付いているのでシャローのベジテーションに対して投げ込んでも泳いでくるし(これがスイムベイトにはできない)、
逆にディープに落とし込めば、オダやティンバーをかわしながら浮き上がることなく引いてこれる(これがスピナーベイトだと浮いちゃう)。
なかなか便利なルアーだということに今更気づきました(笑)
僕の場合は1/4ozはバレッジスイマーを良く使っていて(すり抜け良いから)、5/8ozはスイミングマスターをよく使っています(ロールしないのでボトム付近でも安定して根掛が少ない)。
トレーラーはスローでもしっかり動いて、ファーストでもアクション破綻しないリズムウェーブがお気に入りです。

ロッドはエクスプライドかゾディアスの172MHを使うことが多いです。
他にカバージグをやるような場合ならエクスプライド、スピナーベイトもやるならゾディアスって感じ。スイムジグだけならエクスプライドのほうが軽くて楽なのでオススメ。
水温7、8度であればダウンショット入れるような6~8mでも良く釣っているのでほんと使えるルアーです。5、6度はさすがにきつかったけど。
動画にもしましたのでよろしければ参考にしてください。

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. デプス社と私。

  2. ブルスレンダーの効く季節

  3. スウェジーが廃盤になるかもしれないお話。

  4. チヌトップルアーを振り返ってみる。

  5. ロングワームのあれやこれや。

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP