kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

DEPS ブルスレンダー

さてさて、昨日YouTubeにUPした今江プロ著のシークレット48ネタが何故かSNS界隈でバズり、今朝は朝からてんてこまいでした。再生回数自体は他と変わらず凄いわけでもないのですが購入者が多く、Amazonでの価格が一晩で10倍に。

プレミア付きすぎ・・・

昨日の17時までは普通に500円で沢山あったのに(汗)

いや。もちろん嬉しいんですよ。
どんな形であれこの名著が世に再び広がること。そしてプロとして影響力は財産なので素直に嬉しいです。
ただ5000円は流石に高過ぎ(汗)

ごめんなさい。ここからが今日の本題です。

手前ブルスレンダー4.7インチ、奥がブルフラット4.8インチ。共にDEPS。

昨年より使わせて頂いているDEPS社のブルスレンダー。
私が使わせて頂いているのは最終形状の比重や素材違いからですが、形状含め以前からDEPS社が開発を進めていたワームです。

私は最終形状から使わせて頂いています。

言わずと知れた人気ワーム、ブルフラットの弟分としてスレンダー化したブルスレンダー。
全体の仕上がりは確かにブルフラットを彷彿とさせますが、形状や特徴は全く違います。

幅は1/3に満たないスリムさ。

まずブルフラットはそのシルエット、形状的にクイックに動かすことが苦手でした。
もちろん、だからこそスパイラルフォールしたり、プレッシャーが掛かっても見せて喰わせることも可能だったのですが、ブルフラットをクイックに動かす、早く落とすは誰もが一度は試してみたかったと思います。

もちろん私も。

具体的な使用法とかオススメリグを期待していた方には申し訳ないのですが(汗)、それを今回お伝えする気はありません。
発売されたらブルフラット同様、様々なリグで使ってみて下さい。

テールは同形状ですが大きさがこれだけ違います。

個人的に初めからこのワームに感じている感覚は変わらずで、『喰わせの効くセンコー』といった感じ。
テキサスやジグのようにウェイトが前傾にあるリグではフォールスピードを早くすることができるし、ノーシンカーやキャロでは水平気味にフォールして見せることもできます。
ただ水中姿勢が安定しているのでワームの位置や向きを非常にイメージがし易いのも大きなメリット。

ただ逆に『まずこのリグで試せば大丈夫!』的なのが無く様々なリグに流用可能なので、個人的には『ブルフラットとアクションの強弱、スピードで使い分けて下さい』というのが一番のオススメです。
なのでいきなりブルスレンダー使うよりは、まずはブルフラットを使ったことのある方にブルフラットが出来ないこと(出来ないアクション)を補完するかたちで使ってみて欲しいです。

早春は冷え込んだタイミングでテキサスの早い動き(フォール)で良く使っていました。

ブルフラット同様、ブルーギルに見えてるというよりはブルフラット、ブルスレンダーというルアー。というのが最も的確な表現かと思います。

で、発売はいつなんでしょう(汗)

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. DEPS ブルスレンダー

  2. ガード付きジグのトレーラー

  3. 忘れ去られているガード付きジグ

  4. カラーローテーション

  5. 8/19 浜名湖ガイド&カラーローテーションについて

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP