kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

浜名湖チヌトップ炸裂!

今日の午前中は霞ヶ浦から帰ってきたばかりだけど、浜名湖でクロダイ、キビレをメインターゲットとした動画の撮影。
前情報も何も仕入れずにスタートしたので9時までノーフィッシュ(滝汗)
トップにバイトは時折あるものの、サイズのが小さいのかやる気がないのかなかなかフックアップせず・・・
仕方ないのでエリアやレンジを大きく変えて魚を探すところからスタート。

ルアーもサーチ能力の高いポッパーに絞って探っていくとポツリポツリと釣れるように!

ルアーは自信作ポッピングダックのシースルーウォータメロン!カラーはこれしか使わないってくらい信頼してるやつ(笑)
ちょっとづつ、ちょっとづつ魚の状態やポジションが分かってきたところで強風のため水面はきつくなってきた。残念。
仕方ないので風で押し流されるブレイクをシャッドで狙うパターンにシフト。
ここでもクロダイをミスり、その次の魚は久々に釣った!ってくらいナイスサイズのマゴチでした。

ベイトの多いスポットはフィッシュイーターが色々と集まっている様子。
この画像、フォルトレックスに、マーゲイ、魚はマゴチってところに違和感しかない(笑)
お昼までと決めていたので最後は朝一、何度か大型のクロダイっぽい魚にバイトさせたスポットにリベンジへ。

クロダイリベンジではなかったけど、浜名湖ではMAXサイズの腹パンキビレがスイッシャー(セッター)激しくバイトしてきてくれました!
満足して納竿(笑)

昨年から薄々気づいていたんですが、本日確信したことが一つ。
スイッシャー(セッター)はイナッコが多いエリアで異常に反応が多いです。
本来、セッターはポッパーを安定してアクションさせ続ける面倒くささやテクニカルな部分をより簡単に巻くだけでできるように開発したのが本音です。
もちろんその使い方でも釣れるんですが、ショートトゥイッチによる一瞬後方で上がる飛沫アクションは、まんまイナッコが水面をピチピチしている光景そのもの。
本当はこんな使い方するように作ったわけではありませんが(笑)、今日みたいにハマれば間違いなくポッパーよりも連発するタイミングを昨年から何度か味わいました。
ただ欠点もあって、この使い方水面がちょっとでも波立つと何をやっているのか、魚にアピールできているのかさっぱり分かりません。
そういった場合は間違いなくポッパーに分があります。
あとスイッシャー(セッター)はクロダイ率が高いのも特徴。ぶっちゃけセッターでキビレだったのは今日が初です。
クロダイのほうは警戒心が高く、優しいアクションに反応しやすいのでセッターのほうが向いているんだと思います。
ルアーやアクションが合っていないとミスが多い釣りではありますが、本日も10発以上ドキドキさせていただきました(笑)
これからがハイシーズンなチヌトップ!皆さんも是非!
※今日はやりませんでしたが、シャッドクランキングパターンも夏のクロダイ、キビレで熱いパターンの一つ。このテクニックは少し前に撮ったコチラの映像を参考にしてください。

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. シマノ ワールドミノー115SP

  2. ブルスレンダー4.7インチ

  3. バックスライドワームの優劣

  4. ライズウォーク新色!

  5. DEPS ブルスレンダー

関連記事

最近の記事

  1. 長良川撮影!

    2020.10.13

アーカイブ
PAGE TOP