kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

クランクサイコーです!

それでは、4月6日に行われました琵琶湖チャプターの内容を書いていきたいと思います。
まずは前日プラ。
とりあえず色々と試したのですが分かったことは2つ。
①西岸は数は釣れるがマメばっか
これは今回に始まったことではないが、ホントに魚が小さい。
マンメイド系を絡めればデカいのも混ざる可能性はあるのだが、それでもチビが多い。
ウィードの釣りをしていれば5分に一匹ぐらいのペースで釣れるのだが8割以上がノンキー。
たまに釣れるキーパーもほとんどが30cmカツカツの400~500g。
ただ一つ肝心なコトが分かった。
それはカネカ沖を境にして釣れるサイズが変わるコトだ。
カネカより南のポパイ沖や自衛隊沖は数はメッチャ釣れるが8割がノンキー。
逆にカネカより北のアクティバ沖やマリックス沖の4mラインは数が釣れない。
しかし、釣れればほとんどキーパー以上の500~700g。
西岸でもたまにキロ以上の魚も釣れるのだが、それを釣るのには何よりも、
『運』
が必要であり、さらにその魚がただのキロフィッシュか、ロクマルかも『運』が大きく作用する。
もちろんちょっとずつでも入れ替えを行っていけば三本2キロぐらいまではいきそうだったのだが、
第1戦の総門川沖、大船団で『運』を使ってしまっていたので期待はできなかった(笑)
②東岸は出れば1500g以上
この時期、僕達。の大好きな東岸シャロー。
前日プラ、トーナメントタイムにまたしてもナイスフィッシュがクランクで釣れた。

45cm、1500gでしょうか。
ただ、西岸に比べ個体数が極端に少なく、一本も出ない確率は大きい。
赤野井沖等の東岸ウィードは先週ルドラが爆発していたのですが・・・

釣れども釣れどもこのサイズ・・・
これじゃ西岸ライトリグと変わりません・・・
そして、東岸を狙う上で重要だったのが透明度!
今回、赤野井シャローなどは透明度が80cmぐらいあり、いつもジグ打ちをするスポットが丸見え。
一応プラでもジグは打ちまくったのだがノーバイト・・・
同じ水深でもディスタンスのとれるクランクベイトでは2バイトあったので、当日はジグ打ちを禁止した。
ってことでとりあえず当日は西岸北部(アクティバ沖)でリミットを揃え、その後、東岸勝負!のプランニング。
今回は琵琶湖の地名が分からない方のために手書きで地図を書いて見ました(笑)

手書きのため細部テキトーですがお許しください・・・(汗)

って感じで明日の準備をしていると・・・

先日はTOP50第1戦、旧吉野川お疲れ様でした。
TOP50の池田プロにからまれました・・・(笑)
この時は全く釣れへん!とか言ってましたが、やはり当日は勝ちに絡める釣りを展開してました。
そしてこの後、池田プロ率いる遊撃隊の皆様に拉致られ(笑)
夜の10時過ぎまでバス談義に花が咲きました☆
☆試合当日☆
スタートしてすぐにポイントに到着。(ミック沖)
7:45頃スタートでした。
みなさんがフライトしている中、いきなり一匹目がヒット(笑)
しかも700gのナイスキーパー(笑)
いきなり気分的には楽な展開に。
しかし、ここで9時まで粘ってリミット揃える予定が、650gを追加できたのみ・・・
当初のプラン(西岸北部で揃えて、東岸へ渡りそのまま南下)を変更し、
リミットを揃えるため仕方なく西岸を南下することに・・・

こんな感じに変更です(汗)
ポパイの北側に入るもノンキーのみ・・・
次は自衛隊。ものの15分で4匹釣って1匹キーパーカツカツ(450g)をキャッチ。
とりあえずこれでリミット(1800g)が揃った。
余談になるが、2年前までの僕達。ならここ(西岸)でもっと粘っていたと思う。
なんとか入れ替えをして2キロまでいきたいと思っただろうし、
ラッキーフィッシュ(キロ以上)を待っていて3キロとかいったらいいなぁと思っていた思う。
で、話を戻しまして。リミットの揃った10時に東岸へ移動。
東岸でも一番南部の人工島周りに入る。
今回の東岸の狙いはリップラップ系のハードボトム。
リーズは打たずに、ディスタンスをとって50cm~1,5mのハードボトムをクランク&バイブレで流す作戦。
そして、入って数投目。水面まで見えている岩の向こう側にクランクを投げて巻き始めるといきなりきました!
2200g!!
実はかかった瞬間、岩の方に魚が走ったためラインが岩に擦れまくりました・・・
が、さすが3800円のライン!(笑)
ひやひやしながらも無事ランディング。
スーパーハードアップグレード、サイコーです!!
その後、北山田のリップラップでも1500gがヒット!
その時まだ11時前。こりゃあと一本出れば5500gで優勝かも・・・
と期待しまくるも、見事にその後2時間以上ノーバイト(笑)
これだから東岸は怖い・・・
一番期待していた赤野井は透明度上がりすぎで釣れる気しません・・・

三本合計4330g。
帰着すると予想以上に周りが釣っており、こりゃシングルに入るのがギリかな?
とちょっと残念モードでしたが・・・
まさかの5位入賞!!
二戦連続お立ちに(両方5位だけど)自分が一番ビビりました(笑)
ちなみにトップは7キロで、ポイントは完全にマークしていたのですが、
あまりにも展開的に危ないパターンで僕達。は行えなかったパターンでした。
二戦連続お立ち台のお陰で、暫定年間ランキングトップに立てた♪
暫定ではあるが、2年ぶりにやっとここに戻ってくることができた。
まだ二戦しか終わってないんですがね(笑)
みなさん!今年は絶対に返り咲きますので!
自分にプレッシャーかけてきます(笑)
PS、
次戦(5月25日)は間違いなくサイト合戦です(汗)
得意な方々、是非今回以上のトップウェイトで優勝してください。
僕達。はひぃひぃ言いながら20位ぐらいに入れるように頑張ります・・・

ノンジャンルの最近記事

  1. TOP50最終戦 ガマカツCUP 桧原湖

  2. 1day試合 TOP50最終戦ガマカツCUP

  3. TOP50桧原湖戦準備完了!!

  4. 桧原湖練習終了!

  5. 桧原湖練習5日目

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP