kenshikuroda.com

  1. ノンジャンル

TOP50最終戦 サメウラ湖について・・・

今回の試合は、プリプラ時よりも6~7m近い減水だったんですが、
魚の大きな動きも無く、エリア的、ポジション的にもそれほど変化は感じられませんでした。
ただ、明らかにプリプラ時より魚の釣れる数が少なく(下手したら半分以下)、
まぁあのメンバーで本気で叩きにいくわけですから、それは毎回当然なんですが、
狙いに行くとリミットメイクすらそこまで楽じゃないかな?といった感じの中スタートしました。


<メインタックル>
1/4ozテキサス用
GWT66CM
シマノ アルデバランMg7
東レ SHアップグレード10LB
2,7gDSミドスト用
GP64SUL
シマノ ステラ2500S
東レ Bawoスーパーフィネス4LB
ネコリグ用
フルソリッド511UL
シマノ コンプレックスF4
東レ Bawoスーパーフィネス4LB

大筋のプランとしては全域にある、なだらかな岩盤をDSのミドストで、垂直岩盤をネコリグのフォーリングをメインに、
揃えてからは同エリアにある立ち木の絡むスポットをテキサス(シリコンラバー+ステイールベイト4)でキッカー狙い。
今回は基本的に釣れども釣れども250gの試合。
そこから何本を600g以上のキッカーに入れ替えられるかの試合だったと思う。
最悪一本も入らないと1200~1300g、5本入れば4キロ超え。

できればキッカー率が若干でも高い上流域からスタートしたかったが、初日はくじ引きで50番フライト・・・
仕方ないので中流から釣りあがっていき、上流までにリミットメイク。
一本キロフィッシュが入って、更にもう一本同サイズにはラインブレイクで18位スタート。
二日目は初日の逆スタートなので1番フライトで一気に上流へ。
この日は釣り下がっていくプランで揃えてからキロフィッシュと600gを混ぜて、
この日ももう一本キロクラスに巻かれて木化け・・・
単日14位で、予選を8位で通過。
最終日は、僕のトーナメント経験の中で間違いなく1、2を争うほどの豪雨で、
朝から上流で揃えようとするも9時頃にはスーパー濁った水が下がり始め退散・・・
4本しかライブウェルに入っていない状態で揃えたい気持ちから、
スピニングで立ち木を狙いだしちゃって終了間際に一本800gくらいを掛けるも、魚体が見えているままラインブレイク・・・
濁りの入るのが早い上流組は苦しんだ最終日だった。

結局は毎日、一回づつミスをして自分の順位を落とす形になった。
今回ほどベイトフィネスorパワーフィネスの必要性を感じた試合は無かった・・・

最終戦が終わってからというもの、『ちょっと釣りのことは考えないで生活』なんて書いていますが、
なんやかんやで一日に10件近くは釣り関係の電話&メールが来るワケで、結局は離れられないで生活しています(笑)
今年も一年間、色々な人に迷惑をかけ、お世話になり、迷惑をかけられ(?)、お世話をし(??)ました。
一年間、無事に戦えたことを僕に関わる全ての人たちに感謝します。
ありがとうございました。

ノンジャンルの最近記事

  1. シマノ社撮影&取材終了!

  2. TOP50第五戦七色ダム がまかつCUP

  3. TOP50七色ダム戦がまかつCUP 決勝

  4. TOP50七色ダム戦がまかつCUP 予選

  5. TOP50七色ダム戦がまかつCUP 初日

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP