kenshikuroda.com

  1. 小物の『いろは』

釣りに関する情報発信のガジェットのお話

先日、Twitterでは呟いたんですが、60半ばになるウチの親父から『仕事用にタブレットを導入したい』という相談を受けました。
HUAWEIを勧めましたが、結局は今親父が使ってるスマホ(iPhone)と使い勝手が変わらないように。という理由でiPadに落ち着きました。

そこで本日は、私が釣りのプロとして必要だと思うタブレットやノートPCなんかのガジェットのお話をちょっとだけしてみようと思います。スーパーニッチな内容ですが宜しければお付き合い下さい(笑)

これが今現在、仕事で使用する5つ。

まずは私の運用方法とガジェットから。
デジタルジャンキーな私は(笑)自宅はもちろん、遠征時はこの5つを必ず持ち歩きます。
大前提として私は基本wifiモデルを購入して、通話にも使うスマホ2台を除けば、出先ではWiFiルーターを使っての運用がほとんどです。ホテルに着いたらもちろんホテルのwifi。
これがスマホ×1、タブレット×1くらいならたぶんセルラーモデルで格安SIM運用をした方が効率的だと思います。
下記が私が今運用している5台。

・スマホ×2
・タブレット×2
・ノートPC

使い分けは以下です。

・スマホ→通話、調べ物、SNS、メモ帳、スケジュール帳
・タブレット1(iPadmini)→SNS、調べ物、動画、簡単なブログ作成
・タブレット2(iPadPRO)→ブログ作成、動画作成、エクセルワード、簡単な原稿作成
・ノートPC→エクセルワード、原稿作成

今年の4月まではタブレット2は無かったのでノートPCでタブレット2のほとんどを行っていました。
タブレット2を導入した理由は、ノートPCの場合立ち上がるまでに時間がかかるので簡単な作業(エクセルを使っての請求書作成や1000文字くらいまでの文章)だと作業時間と同じくらいの時間を立ち上がるまでに持っていかれてストレスでした。
逆にタブレット2を導入してからは出先でノートPCを開くことがかなり減ったので2.3日の遠征ならノートPCを置いていくこともあります。

基本、ノートPC以外の4台はiCloudで同期させているのでwifiも一台繋げば全て繋がるし、画像も自動で共有されています。
タブレットではワード、エクセルはアプリでの運用になるので、たまにプリントアウトすると???な状態になったりするのでweb上で完結するものはタブレット、プリントアウトする場合はノートPCで作成。
あとAdobeの各種アプリは重たいのでタブレット1では運用せずに、ハイスペックなタブレット2での運用がベース。

と、マニアックな内容になり過ぎても全く面白くないので、釣りに関する発信をされている方(もしくはより力を入れたい方)で、且つスマホだけしか持っていないorスマホ&ノートPCで活動されている方には中〜高スペックのタブレットの導入を真面目にオススメします。
私みたいに5台とかは要らないけど、スマホ+中スペック以上のタブレットがあったらかなりやれることの幅が広がる。

ノートPCを差し置いてもタブレットを推す理由はいくつかあるんですが、最大の理由はアプリがやっぱり便利だから。
例えば動画編集にしても、画像加工にしても、資料作成にしても最終的にはPCでやった方が間違いなくクオリティは高いと思います。ただそれは各分野のプロが100点のモノ創りをする場合の話。
必要十分な内容はアプリ(ここでのアプリは有料も含みます)で作成可能だし、何より早い。
そしてスマホと同期させていれば素材(動画、画像)を取り込む必要さえない。
そして、ここ1.2年でタブレット用のキーボード&マウスがかなり充実してきたので作業をするにもノートPCと比べて違和感は一切ないです。

あとキーボード外すことできるから、場合によってはホテルの机で場所取らないのも良い。

アプリならスマホ一台で良いじゃん?ってなりがちなんだけど、映像編集みたいな作業はある程度画面大きくないと著しく作業性悪いし、文章打つのもフリック入力では限界があるっす。
もう本当にスマホ一台で戦っている方には、五万そこそこで買えるタブレットを拡張してやれることの幅、速さをUPしたら絶対手放せなくなると思います。
自分へのクリスマスプレゼントに是非(笑)

小物の『いろは』の最近記事

  1. 釣りに関する情報発信のガジェットのお話

  2. DEPS デプスバッカンラージ

  3. 釣り用カメラを持つ意味

  4. ボートの電力不足に終止符?スーパーブラックバッテリー

  5. ガーミン エコーマップウルトラ ECHOMAPUltra

関連記事

最近の記事

  1. 今と昔

    2021.01.16

アーカイブ
PAGE TOP