kenshikuroda.com

  1. ラインの『いろは』

PEライン part1

最近はなかなか週末に暇なことが少ないので、今回くらいはちょっとまとめてネタ更新しよう!
と、思ってPEラインについて。ソルト用のお話しね。
そもそも、浜名湖でボートシーバスを始めて今年でちょうど10年くらい。
最初に浜名湖でボートから狙って釣ったシーバスを確か2003年か、2004年だったと思う。
そんな僕の中でのソルト(ボートシーバス)PEの歴史です(笑)

①シーバスPE/東レ(2004~2010)
一番最初に使い始めたPEライン。理由は値段だったと思います(笑)
その後は偶然にも頂ける立場に。
10年前ってキャスティング用のPEラインってまだまだ少なくて、基本はジギング用。
一部PEを得意としているメーカーを除けば、各メーカー1タイプくらいしかルアーキャスティング用のPEラインがラインナップされていなかったと思います。細くても0.8号までだったし。
実際には2010年までは僕のボートシーバスフィッシングはほぼ100%、フロロラインで行っていたためトップ用としてのみ使っていました。
当時は電車結び以外できなかったけど、それでもすっぽ抜けは皆無だったことにも助けられました(笑)

②ドラゴンコール8ブレイド/メガバス(2011~)
メガバスさんとの契約後、一通り送って貰った中に入っていたのがきっかけ(笑)
このラインがなかったら現在のスタイルにはなっていなかったかもしれないってくらい色々教えてくれたライン。
0.8号までしかラインナップされていないのがネックだけど、逆に0.8号は他のラインを探すこともしてない(笑)
しなやかさ、トラブルの少なさ、飛距離、耐久性どれをとっても素晴らしく良くて文句なし。
ただ、電車結びの限界を教えてくれたラインでもある(笑)
現在は機械を使ってPRノット(たぶん)で結束。湖上でも2分で可能。
part2に続きます・・・

ラインの『いろは』の最近記事

  1. PEラインの色分け。

  2. ナイロンラインを再評価してみる。

  3. 今流行りのPEラインを比べてみる。

  4. オススメPEライン!

  5. PEラインを使うために。その壱!

関連記事

最近の記事

  1. 西へ東へ!

    2019.09.13

アーカイブ
PAGE TOP