kenshikuroda.com

  1. タックルの『いろは』

穴が空いたツインパワー

トーナメントシーズンはだいたい3〜11月で、12〜2月はバスフィッシングではオフシーズンなんて言われることが少なくありません。
私たちプロにとってはショーがあったり、新製品のプロモーションをしたり、契約の更新があったりとハイシーズンと変わらず、人や場合によってはハイシーズン以上に大切なシーズンです。
特に私はメディア人としての立ち位置もあります。
既に昨日カルコンシャローが発表されたり、ここから来年に掛けて色々な新製品情報が今年もやってきます。
本日は私がどんな人間かを改めて知って頂くために筆を走らせています。

夏頃に親父に『時間がある時にあのリール探しておいて』とお願いしていました。
あのリールとは。

数日前に親父が見付けてくれたの嬉しくてポストしたんだけどほとんど誰も気付かなかった(笑)

おそらくこの画像を見たほとんどの人が意味分からないのかもしれない(涙)
単体でも貼り付けますね。

分かってくれた数人は本当にありがとうございます!

これ右側は俗に言う『95ステラ』です。1995年に発売されたステラ。
ステラは初代が1992年で(92ステラ)、この95ステラは私の中で最も記憶に残るステラでした。
当時をご存知の方には『そうだったわ!』と思って頂けると思うし、ここ20年くらいの間に釣りを始めた方には『そうだったの?』となる革新がこの95ステラにはありました。

それが『スプールに穴が空いた』です。

は?それだけ?って思う方がほとんどですかね(笑)

このスプールの穴。どれだけ憧れたか。

今でこそ『スピニングリールのスプールの穴(ブランキング)』なんて当たり前です。
いや、むしろ形状は様々だけど穴空いてないスプールのスピニングリール探す方が大変なはず。むしろ穴空いてるのが当たり前過ぎて22イグジストとかで無穴スプールだと『新鮮』って言われる感じ。
もちろん95ステラ以前に全く無かった訳ではないんだけど(ほぼ無かったけど)、シマノのハイエンドに、更にこの穴数で、しかも完全にデザインとして落とし込んでる。
リアルタイムにこのリールに死ぬほど憧れた釣り人は私より歳上のアングラーなら山ほど居ると思います。

当時(95年は私小5です)、ウチの親父が使っていて(画像の2000番がそれ)、私はメチャクチャ欲しかったんですが当然買えるものではなくて一つ下のツインパワーXTの2000番を使っていました。
親父のリールが羨ましくて羨ましくてしょうがなかった。

1997年私は中学一年生だったんですが、小学生までは無かった木工室なるものが中学校にはありました。
授業で木に穴開けるとかをやるわけです。
そう。これはチャンスと感じた黒田少年。
なんとなくボール盤の使い方を覚える訳です。

黒田家は自宅ガレージにフライス盤やボール盤が当たり前にあるような工学家系だったので親父のステラの穴径をこっそりノギスで測り穴数も数えて、自分が持っていた『95ツインパワーXT』のスプールに穴を空けました。
私の中学一年生の作品です。

私のリール改造処女作。

中学一年生なので当然位置決め用のポンチなんかは知らないので穴位置は上下にガタガタしています(笑)
確か一発で6mmを空けるのが怖くて2mmくらいで下穴を空けた記憶があります。
ただ一つ目の穴を空けた際にスプールが曲がります。曲がるというか穴空けの圧に耐えられなくてアルミのスプールが潰れる感じでした。
ヤバいと思ってすぐ辞めて、親父に相談したら勝手にボール盤を使ったことに頭を叩かれながら(当たり前)『潰れないようにスプール内径と同じ木を削って当て木にしろ』と言われます。天才。この発想は中1には無理。

ガタガタとか言わないでね。中1の作品だから。

当て木をしたら確かに変形しない!で空けた穴がこの子達です。
すげー気に入って使っていたんですが、翌年(1998年)には98ステラが出て親父が買ったので95ステラ(画像のとは別の3000DH)は私のところに払い下げられてきました。
もちろんその後は穴が更に沢山空いている98ステラが死ぬほど欲しくなる訳ですが(笑)

左が黒田少年が必死に穴空けした95ツインパワーXTで、右が親父所有の95ステラ2000です。

当時、この95ステラ(とBB-X)のみに空いていた穴に『ゴミ入らないのかな?』とか『強度大丈夫なのかな?』とか中学生の私は頭がパンクするくらい考えて、憧れました。
本当はこの改造95ツインパワーXTも98ステラを買うために当時売っぱらおうとしたんですが、親父が買い取ってくれた(ので現存してる)記憶があります。5000円だったかなぁ。
なので今回親父に『5000円で買い戻すわ』と提案したら『飾っておきたいから同じやつ中古で買ってこい』と言われて先日ちょっと綺麗な95ツインパワーを買ってトレードしたんです(笑)

25年経って私の元に帰ってきました。

話は戻って。
来年の新製品も色々なものがもちろんあります。
当時の私が見たら、今の自分がどう映るのかは分かりません。まさかあのシマノでモノづくりに携わってるとは思ってもいないんじゃないかと思います。死ぬほど夢見ましたが。本当にそれを現実でやっています。

この穴を空けた時の気持ちを今まで忘れたことはないし、もちろん全てではないかもしれませんが、そんな奴がやっている製品もあるんだという目で楽しみにして頂けたら幸いです。

ちなみに3年前の2020年に『メタニウム』に対する私の想いを全てぶつけた動画(全3部作)があるんですね。
それのステラ版も撮って下さい!ってよくご要望頂くんですが、実は撮影自体は当時したんですね。
ただ内容にイマイチ納得していなかったのと、既に当時22ステラ開発がスタートしていたのでボツにした経緯があります。
この魔改造95ツインパワーXTのお話含めてどっかできっちり想いを伝える動画は撮りたいなと思っています。
気長にお待ちください(笑)

タックルの『いろは』の最近記事

  1. 24VANFORDヴァンフォード

  2. 『良い釣り道具』とは?

  3. 24カルカッタコンクエストシャローのノーマルギア化

  4. 24ツインパワー 24TWINPOWER

  5. 24メタニウムDC 24Metanium DC

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP