kenshikuroda.com

  1. ガイドフィッシング

3/7 長良川ガイド!攻めるのはこんな地形。

不定期募集の私のガイドですが、今日は今年最初のガイドフィッシング。今年はバスからスタート!

今日はいつも浜名湖でも長良川でも四国でも愛知から遊びに来てくれる角鹿先生とご一緒させて頂いたのですが、土曜日は午前中お仕事されているので、午前の診察が終わってすぐに飛んできて貰うプラン(汗)
実際釣りできるのは13時からの四時間だけ(汗)

ということで、午前中は一人で魚探掛け&パースペクティブモードを使いこなす為の練習。

私はゆっくり出て、昼までの二時間魚探掛け。
最後30分だけジャークベイト(ワンテン+1)を投げて1キャッチ。

エクスプライド165ML+にNEWメタニウムHGの組み合わせ。ラインはFCスナイパー12lb。

昨日までの爆風から打って変わって、快晴微風のお陰で浮いてきたのかな?ってことで、角鹿先生と待ち合わせ後もジャークベイトを中心に時折ジグを混ぜる展開でスタート。

私が釣ったスポットのクイックドロー図。

昔、バサー誌の田辺道場であった春の定番スポットの理想図に限りなく近いですが(笑)、私がジャークベイトで釣っているのはこんなスポット。
まだ黄色の1.5mまで魚が浮くことは少なくて、ニアディープ(4〜5m)でシャローのハードボトムがある地形のブレイクのミドル。実際に喰わせているのは緑や水色の2〜3mくらい。
そんなブレイクに橋脚とかオダなんかの魚が寄り添える縦ストラクチャーがあったらなお良しです。
もっと季節が進行したらシャロー(黄色)が広くて、その浅いところでクランクなんかで喰わせます。

ちなみに長良川の場合、急激な水深変化(クイックドローの黄色いとこ)はこんな感じで旧河川時の水中堤防的な石積みであることがほとんど。

ということで、聞けば角鹿先生は今年初釣り(笑)
ファーストバイトは水深のあるカバーへフラットバックジグ3/8oz+スパイ二ークロー4インチにバイトするも、一番手前の枝に魚が一瞬スタックしてフックオフ(涙)
時間が半日しかない中での貴重なバイトだっただけにカバー撃ちをもっとしたかったんですが、夕方急激に雲が広がったので再び巻き展開に戻して。

角鹿先生の今年初釣りで初バス!!

スーパーナイスコンディションのビッグサイズをキャッチ!!

長良川&春らしい素敵な体型でした!

タイミングで撃ちと巻きを使い分けていく春らしい展開の通用している長良川です。
角鹿先生、今日もありがとうございました。電車間に合いました??(笑)

ガイドフィッシングの最近記事

  1. 浜名湖ガイド募集

  2. 長良川ガイド!

  3. 長良川ガイド募集!!

  4. ガイドフィッシングにつきまして。

  5. 3/8 長良川ガイド!ジグの歯形って最高。

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP