kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

ハドルトラウト

世に沢山のスイムベイトがありますが、2000年以降ムーブメントといいますか、多くのフォロワーを生んだスイムベイトは二つだけだと思います。
一つはジャバロン(スイムベイトと認識されているかどうかはおいといて・・・)、もう一つはハドルトラウト。

ハドルトラウトは今年10インチが出たことで一部のアングラー間で密かな?話題ですが(値段も 笑)、
それまで6インチが当たり前だったスイムベイトに8インチを定着させたのもハドルトラウトだと思います。
タロンとか9インチまで確かにあったけど一般的ではなかったし(7インチの認識だったと思う)、国内からリリースされるスイムベイトもそれまではもれなく6か7インチだったはず。
値段が鬼高なハドルトラウト8インチだったけど、サイズ的にはそんな『スイムベイトは6インチ』のイメージを払拭したルアーだと勝手に思ってます。
と僕も大好きなハドルトラウトですが、二年前くらいの雑誌取材で裏切られてから、僕の中ではちょっと倦怠期に入ってます(笑)
その後にマグドラフトを作ったのが主な原因だけど。真逆のスイムベイトなんですが、やっぱり投げなくなっちゃってた。
今年は梅雨以降の川とバックウォーターで登場させようと思います。10インチはお財布と相談(笑)
あと当時、川系シーバスでもメチャ良かったんですが、この数年で使ってる人増えたかな?高いから流石に居ないかな?

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. 濁ったらバルビュータ4インチ

  2. ジャークベイトローテーション

  3. デプス ブルスライド3.4 いよいよデビュー!

  4. ブルフラットの3と3.8の間が欲しい

  5. 近代ハネモノの歴史

関連記事

最近の記事

  1. テスト→ロケ

    2021.04.8

アーカイブ
PAGE TOP