kenshikuroda.com

  1. 考え方の『いろは』

プロを目指すための下準備

フック考察その2を期待していた方申し訳ありません。今日はまたちょっと違ったお話です。(考察2は明日ブログUPします)

SNSでも書いたんですが、給付金をまず間違いなく頂けそうなので見切り発車でiPadProの11インチ(2020モデル)をオーダーしました(笑)
スペック的には今現在、私が使っているノートPCよりも上です(笑)

遠征先にも必ず持ち込むノートPC、iPadmini、iPhone。

今年は特例ですが、私の場合は毎年100日以上をホテルなどの遠征先で過ごすことになります。
当然、そんな中でも原稿を書いたり、ブログをUPしたり、報告書書いたり、ちょっとした画像編集をしたりしなければならないです。
主にノートPC、iPadmini、iPhoneの使い分けは、
iPhone→10分くらいまででできるブログ作成
iPadmini→iPhone以上のブログ作成、簡単なエクセルワードの原稿、報告書
ノートPC→iPhone、iPadminiでできない全て
って感じです。
今回、iPadProを買ったのは出来るだけ遠征先にノートPCを持っていきたくないから。持ち運び重たいし故障のリスクもあるし。

で、意外に今の時代はスマホで全てやっている人が多い。
ノートPC持ってません。タブレットも無いです。そんな方。
もちろんそれで不自由無ければ問題ないです。

ただ、釣りのプロを目指している方はたぶん無いと話にならないです(今の時代)。
以前実体験であったのですが、カタログやHPに使いたいからこの製品について1000文字くらいで紹介や使い方を書いてください。って、お願いをしたらまさかのスマホメモのスクショがラインで送られてきました(笑)いやいやデータに起こせないし(汗)
他にもメール本文に書かれた場合は改行もでたらめだったりしたことも沢山ありました(汗)
せっかく実体験に即したリアルで良い内容なのにもったいない。スマホしか持ってないから。は、もうたぶん通用しません。
(ちなみに釣り業界はこういった部分にはかなり寛大&遅いです)

もちろんスマホアプリで映像編集したりもできる時代ですが、スマホは失くしたり、故障したりのリスクもかなり高いですよね。
リール二台買う(最新iPhoneより安いよ)お金があれば数年は問題なく使えるノート型パソコン買えるので早く持つことをオススメします。

二つ目に用意することをオススメするのは名刺。

ちょっと前のなのでデザインやスポンサーが違うけど(汗)

これまでの話とは逆行しますが(汗)、釣り業界はデジタル名刺が普及しているほどではありません。
ほぼ全てのメーカー&プロが紙名刺。
とはいえ、この名刺が無いとメーカーさんや、各種メディアさんがなんかがなんかの折に『あの子連絡してみよう』となっても連絡する手段がありません。
『こんな名前でブログやってます』、『SNSで名前検索してくれれば出てきます』って言われてもずっと覚えておくなんて不可能です。
名前、住所、電話番号、メールアドレス、これだけ書いてあれば極論十分だし(肩書きやスポンサーなんてなくてなくても良い)、いざというときこの紙切れが力を発揮します。
今までの職歴の中でアポ無しで話しかけてきてくれた方に『じゃあ名刺もらえますか?』って言ってサッと出てくる方は2割いない気がします。その場で『作った方が良いですかねぇ』なんて言う前に作ってくることをオススメします。
今の時代簡単に安く名刺作れますしね。
ちなみにノートPC持ってる方は1/3くらいのイメージです。

ハードルの低いこの二つをクリアするだけで頭一つは確実に抜けられる世界です。
もちろん釣りが上手い(20歳で国内タイトル全部とるくらい)ならこんなことしなくても誰かに全て任せることも可能かもしれませんが、私みたいに釣りの才能凡人なのにプロを目指すとかなり早い段階で必要になるツールです。
かなり狭いですが参考までに(笑)

考え方の『いろは』の最近記事

  1. 環境を変えました。

  2. 憧れるのを辞めません。

  3. ブログ

  4. 今のパフォーマンス

  5. 浜名湖ルアー史 前編

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP