kenshikuroda.com

  1. ルアーの『いろは』

透ける赤のジャークベイト

去年も一昨年も似たようなこと書いてるけど春っぽくジャークベイトのカラー。
ザクっと言うと僕は透ける赤が好きです。メガバスさんだとレッドホットフラッシャーとか、OSPさんだとスポーンレッド、エバグリさんだとプリスポーンダイナマイトとかの透ける系。
サンセットタイガーとかみたいな透けない赤を春に多用するアングラーも多いと思うのですが、僕はジャークベイトには圧倒的に透ける赤です。

これは僕の中での経験則での答えでしかないので理由はいまいち明確ではないんですが、春のクランクは透けても透けなくてもあまり釣果差を感じたことはないです。
春の魚のレンジ的にクランクは順光、ジャークベイトは逆光で見ている確率が非常に高いのは間違いないと思われます。(魚がサスペンドしているから)
おそらく。ですが、シルエットが出るけど(赤)、光によって透ける中途半端な色は、遠くでは良く見えなくてキラキラしてるだけだけど、近くに来るといきなりシルエットがはっきり出現してるのが効いてるんじゃない?と勝手に想像してます。
コレに似た現象で、ウィードレイクのハイシーズン(ウィードが生えてる状況)に、ウィードに絡ませるクランキングではクリアチャートグリーンとか、ウォーターメロンみたいな色が凄く効く場面に何度も遭遇したことがあります。
これは音だけ遠くから鳴っていて気にはなっていると、いきなり目の前にクランクが出現するイメージ。どちらも遠くでは曖昧なシグナルを出していきなり近くに出現するからリアクションし易いんじゃないかと勝手に想像しています。
ちなみにこの『透ける赤』ですが、もちろん専用カラーを買うのが一番良いんですが、半信半疑でもったいないって場合は、スケルトンやゴースト系のカラーをマッキーで塗るだけでも効果は同じです(笑)
釣れなかったり、シーズン進んだらシンナーで拭けば元のカラーになるし(笑)
ちなみにここら辺の話も今発売中のロドリさんで更に詳しく解説してますので宜しければご覧下さい!!

ルアーの『いろは』の最近記事

  1. シマノ ワールドミノー115SP

  2. ブルスレンダー4.7インチ

  3. バックスライドワームの優劣

  4. ライズウォーク新色!

  5. DEPS ブルスレンダー

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP