kenshikuroda.com

  1. ボート・魚探の『いろは』

ボブズマシンジャパンリミテッド

本年より新たにボブズマシンジャパンリミテッド社にサポートを頂くことになり、本日はそのご報告をさせて頂きます。

サポート頂くのはボブズマシン社のジャックプレートと。

パワーポール社の各種製品。

ボブズマシンジャパンリミテッド社はボブズマシン社とパワーポール社の正規ディーラーで主にこの二社の製品を日本で輸入、販売を行なっております。
今回は日本だけの契約ではなく、『せっかくならば本国アメリカとも契約を締結しておいた方が良い』というアドバイスを宮崎友輔プロから頂き、SDG Marine柏木社長にご協力頂きながらアメリカの本社ともお話を進めさせて頂き、サポート面を充実させて頂くことになりました。

全国をトレイルしているチャージャーボート198エリートにはボブズマシンジャックプレート&パワーポールを。

浜名湖用のベクサスボートAVX1980CCにはボブズマシンジャックプレートが。

元々、ボブズマシン油圧ジャックプレートとパワーポールは自前のレンジャーボートのころから『マストアイテム』として取り付けてきました。
もちろんSDG Marineにボートのサポートを頂くようになってからもそれは変わらず、今現在のボートにも変わらず取り付けて頂いております。

逆に言えば『今まで当たり前のように必要で取り付けていたもの』であり、今回お話を頂いてワザワザ取り付けたり、取り替えたりするものではありません。
今まで最も信頼して使っていた製品の会社から正式にオファーを頂いたという形です。

また偶然にも、今年は全国をトレイルするバスボートと、浜名湖用のソルトボートの両方を乗り換えのタイミングでした。
ボートは『一つのトラブル』で帰港や帰着が不可能になります。
そして車と違い、水上では予期せぬトラブルが付き物です。
そんな中で長年自分自身が信頼して選択してきたメーカーからサポートを受けられることは非常に心強く、自分への自信ともなる2022年シーズンのスタートとなりました。

2022年ボートはまた後日お披露目しますね!

SDG Marineからのボートのサポートに加え、G-FISHING社にガーミン魚探&エレキのサポートを頂き、GWインターナショナル社からオプティマバッテリーを、そしてバス&ソルトでのボート艤装の様々な相談をセンターフラットさんに聞いていただいています。
2022年はここにボブズマシンジャパンリミテッド社を通してボブズマシンとパワーポールのサポートを頂きました。

どれも契約前から愛用していたものばかりです。
これからも変わらず自分らしくプロ活動を通して製品の特性や良し悪しをお伝えしていければと思っています。

ボート・魚探の『いろは』の最近記事

  1. ガーミン ライブスコーププラス

  2. ボブズマシンジャパンリミテッド

  3. ガーミン魚探の解体新書 前編

  4. 魚探システムをアップグレード!!

  5. ガーミン号メンテナンス!

関連記事

最近の記事

  1. 釣り百景ロケ

    2022.05.27

アーカイブ
PAGE TOP