kenshikuroda.com

  1. タックルの『いろは』

ディアルーナBS S610M-S

ちょっと前にSNSで『とりあえずソルト(ボート)やるならこれ持っておけば一通りできるから便利だよ!』ってポストをしました。
『これ』はシマノのボートシーバスロッド、ディアルーナBSのS610M。

自身のTwitter

近年普通にバスプロが秋だけソルトをやったり、手軽に楽しめるってことを知った方が多いこともあってか、バスロッド以上に『自分の近くもこれだけでいける?』とか『バスロッドじゃやっぱダメなの?』的な質問を何故か業界人からも複数頂いたのでこの記事を書いています(笑)

まず結論から言うと、バスロッドで全然いけますがやっぱり使い難さもある。ってのがお答え。
ガチに一回行くだけならバスロッドで良いと思います。
ただ来年以降も行きたいなとか、今年だけで何回か楽しみたいなって方にはあったほうが良いと思います。

そして『似たようなバスロッドと何が違うのか』を書いていきたいと思います。

これがそのディアルーナBSのS610M。

まずこのロッドで私が出来るとしているのはメジャー場だと東京湾、大阪湾、名古屋港をはじめとした沿岸部でのボートルアーフィッシング。もちろん浜名湖だったりも含むし、瀬戸内なら全域OK。言い出したら岸が見える場所はほとんどいけます。
たぶんバスフィッシングやオカッパリルアーフィッシングを楽しんでいる方が一番最初にトライするソルトボートフィッシングの大多数がこのロッドでいけるはず。

対象魚はメインとなるシーバスはもちろん、チヌにちょっとしたロックフィッシュ、5キロまでの青物(サワラ、サゴシやワラサ、ツバス、イナダ、ハマチ)まではいける。もちろんフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)がいるエリアならそれも大丈夫。
ルアーはMIN5g〜MAX40gまで背負えるけど、使いやすいのは7〜30gまで。
ミノーからバイブレーション、メタルジグまでなんでもいけます。

私が『本当に一度だけ』という友人(バスプロ仲間とか)には『パワーフィネス以外で一番硬くて長いバススピニングロッド持ってきて』という風に言っています。パワーフィネスは先調子過ぎて投げにくいし使いにくいので却下して、その次に硬い『普通の中で一番硬いバススピニングロッド』をお願いします。
エクスプライドだと2610ML(6.10ftのMLアクション)がこれに当たります。

初代デストロイヤーF3-610XS。黒田私物。

バスロッドのスピニングは6.10ftのMLアクションはメチャクチャ多いです。
この番手を使ったことがない人って居ないんじゃないか?ってくらい各社から出ています。
もちろん元祖はデストロイヤー/メガバス。その後ハマスピニングSP/ハートランドダイワと記憶しています。
極論これで十分。変わらず釣れます。一回だけなら専用ロッド買う必要ないと思います。
ただやっぱり専用ロッドには意味があって、複数回行くならディアルーナBSのS610M(じゃなくても良いけど似たようなやつ)みないなのをオススメします。

上エクスプライド2610ML、下ディアルーナBS S610M。

まずディアルーナの方がリアグリップが長いです。加えてフォアグリップも太くて長い。
これはそれなりサイズ以上(シーバス、青物なら3キロ以上)が掛かると脇腹でグリップエンドを支えられること、フォアグリップだけを握ってファイトできることが可能になります。バスだと有り得ないけどかなり違います。

トップガイドサイズが違う。

トップガイドも違う。

一番違いを体感できるのはティップセクションのガイドサイズの違い。
ディアルーナBSの方が総じて1〜2番手大きいものを取り付けています。
これはリーダーとの結束部分の抜けを考慮したもので10lbくらいまでならエクスプライドでも十分抜けるんだけど、20lbメインで場合によってはそれ以上のリーダーを使うとなると如実に差が出ます。
引っ掛かってラインが痛んだり、高切れしたりがだいぶ減るはず。

逆に言えばエクスプライドでもリーダー矢引以外(50cmとか)でガイドにリーダー入れないようにキャストするって技でもOKだと思います。
ただその際は頻繁にリーダー結び直す必要ありますが。
ディアルーナBSでは私の場合基本1ヒロ(2mくらい)がメイン。結び変えていってもミスなければ一日楽しめる長さです。

あとはバットガイドも違うけど・・・

バットガイドはエクスプライドはY(YSG)でディアルーナはK(KH)だけどトラブルの差は感じません(汗)
ラインは基本PE0.8〜1.5号を魚のサイズやロケーションで使い分け。リーダーは14〜24lbくらいが主力になると思います。
リールは2500番の流用で十分だし、ラインキャパが欲しいと思うならC3000のスプールだけ(2500番に入ります)買えば十分。

この2万円を高いとみるか、安いとみるかは人それぞれですが急に知り合いに誘われたとか、これから毎年1.2回やるんだろうなって人には持っていてマジで損はないと思います。

タックルの『いろは』の最近記事

  1. 09カーディフDC

  2. カルカッタコンクエストBFSの新旧の違い

  3. シマノ2023年新製品フリー素材

  4. 23ヴァンキッシュ

  5. 23カルカッタコンクエストBFS

関連記事

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP