kenshikuroda.com

  1. タックルの『いろは』

XGは必要か?

霞ヶ浦水系に居たためもありますが、打ちや巻きがメインになるこのフィールドでは打ちにおいてXGがやはりメインになります。
シマノ社のベイトリールは2012年頃よりXGが採用されるようになりました。
ただ最近、本当に必要かな?と思うこともしばしばです。
いやもちろんメリットは沢山あるし、少なくとも私自身には必要ではあるんですが、良くSNSやブログ経由で来る質問なんかにはHGの方が良いですよとほとんどの場合答えてます。

今回約一年半使いまくったメタニウムMGL HGを全てメーカーOHに出したので、霞ヶ浦ではHGはクロナークMGLとメタニウムDCのみでした。
質問頂いた際にXGをあまりオススメしない理由としては、特に利腕でない方でリールを巻く場合(右利きの方の場合は左巻)に魚が掛かって負荷がかかればかかるほど三角巻きになりやすいです。
現在、利腕でロッドもう一方でリールっていうアングラーの比率がかなり高くなっています。持ち替えなくて良いから効率良いですもんね。
ただ利腕じゃない方でリールを安定して一定で巻く、しかも負荷がかかっても素早く巻くってのはかなりハードル高いと思います。巻物なんてこれが最重要です。
これがXGをオススメしない最大の理由。うまく巻けないXGより、うまく巻けるHG。HGでも十分早いし。
今はクランクにはノーマルギア、ワイヤーベイトとトップ、ジャークベイト、バイブレーション、カバー打ち以外のソフトベイトにはHG、カバー打ちにはXGと使い分けていますが、総合するとやっぱり一番HGを良く使います。
オカッパリ取材なんかHGだけでほとんどこなしてる気がします。
メーカーとしては小難しくして沢山商品売りたいとこなんですが(笑)、今あるリールを大切に使って下さい。
大切にと言えばオーバーホール。おっと!今シマノオーバーホールキャンペーン中だった!(笑)
皆さまも是非!!最後は宣伝でした(笑)
http://fishing.shimano.co.jp/service/overhaul2017/index.html

タックルの『いろは』の最近記事

  1. シマノスピニングリールのヒエラルキー

  2. ヴァンフォードが発売になりまして。

  3. オススメ子供用ロッド!

  4. 2020 ヴァンフォード VANFORD

  5. ブレニアスBB S70ML

関連記事

最近の記事

  1. 浜松へ帰宅!

    2020.10.29

  2. 長良川撮影!

    2020.10.13

アーカイブ
PAGE TOP